★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆首相、村山氏以降の「反省」踏襲せず 戦没者への言葉を強く意識

**********************************************************************

      ■■■ 日本再生ネットワーク NEWS ■■■

**********************************************************************
                    ≪2013/08/16(金)≫


★本日のニュースヘッドライン………………………………………………………

  ◆首相、村山氏以降の「反省」踏襲せず 戦没者への言葉を強く意識

  ◆「中国が反発、わが国も…」 韓国「歴史カード」便乗

  ◆風力発電の騒音、指針策定へ 環境省、業者は反発

  ◆完全な「量子テレポーテーション」に初めて成功

  ◆NY株 相場急落のシグナル点滅 「ヒンデンブルグの予兆」話題に

  ≪編集部のコメント≫


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆首相、村山氏以降の「反省」踏襲せず 戦没者への言葉を強く意識
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (産経 2013/8/15)

 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130815/plc13081521240042-n1.htm

 安倍晋三首相は15日、政府主催の全国戦没者追悼式の式辞で、近年の歴代首相が使用してきたアジア諸国の人々に損害と苦痛を与えたとする「反省」を踏襲せず、戦没者に語りかけながら未来志向の恒久平和を誓うスタイルをとった。「不戦の誓い」という言葉も使わなかった。

 「反省」に代わって「歴史に対して謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を深く胸に刻みつつ、希望に満ちた国の未来を切り拓(ひら)いてまいります」と述べ、歴史を直視する姿勢を示した。

 首相の式辞では、平成5年に細川護煕氏が初めて近隣諸国の犠牲者に「哀悼の意」を表明した。6年の村山富市氏以降は戦争の加害責任と「深い反省」にも言及、「多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対し、多大の損害と苦痛を与えた」(平成24年の野田佳彦氏)という文言が決まりになっていた。

 安倍首相も第1次政権の19年には「深い反省」を述べた。しかし、今回は細川氏より前のスタイルに戻したといえる。

 政府高官は「歴史問題を言うのは韓国と中国だけであり、追悼式は日本の国民、犠牲者向けのものだ。首相は謙虚な姿勢もみせている」と強調した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「中国が反発、わが国も…」 韓国「歴史カード」便乗
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (産経 2013/8/14)

 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130814/plc13081411040010-n2.htm

 首相は15日に参拝しない方針だが、それでは秋に参拝した場合、米国はどう出るだろうか。外務省幹部はこうみる。

 「米政府の公式な声明で批判することはしないだろうが、内々にはかなり厳しい反応をすると思う」

 これでは、首相の目指す「日米同盟の強化」による中国への牽制(けんせい)や、拉致問題解決のための北朝鮮包囲網にもほころびが生じる。首相周辺は「参拝までに、米国を納得させなければならない」と強調する。

「筋違い」米に説明

 実際、日本政府高官は今春訪米し、米政府高官らに首相の歴史に関する考え方を説明して回った。靖国参拝に関しては「中国の言う軍国主義化など全くない」と述べた。韓国の反発については、こんなやりとりがあったという。

 日本政府高官「そもそも日本は韓国と戦争をしていない。戦没者をまつる靖国への参拝に関し彼らに文句を言われる筋合いはない」

 米政府高官「初めて聞いた。そうだったのか…」

 韓国は今でこそ「日本政府、政界や指導者の靖国参拝はあってはならない。韓国政府の立場は明確だ」(5日の趙泰永外務省報道官の記者会見)との見解を示している。だが、韓国政府が靖国問題を強く主張しだしたのは最近のことだ。

 「ハイレベルで靖国参拝に批判の声を上げだしたころ、韓国政府当局者に『直接関係ないだろう。なぜなんだ』と理由を聞くと『中国が反発しているのでわが国も何か言わなきゃ…』ということだった」と、外務省幹部は振り返る。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆風力発電の騒音、指針策定へ 環境省、業者は反発
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (産経 2013/8/15)

 http://sankei.jp.msn.com/life/news/130815/trd13081522370026-n1.htm

 風力発電機から発生する騒音による周辺住民の不満を解消しようと、環境省は、騒音抑制策を盛り込んだガイドラインを今年度中にも作成する方針を固めた。事業者側は「実質的な参入規制につながる」と警戒している。

 風力発電機をめぐっては、半径1キロの範囲で周期的なブーンという音やジェット機が飛んでいるような音が聞こえるという苦情のほか、頭痛や不眠、吐き気といった健康被害が各地で報告されている。ただ、風の音との区別が難しいことなどから、国はこれまで騒音に関する明確な基準を定めていなかった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆完全な「量子テレポーテーション」に初めて成功
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (読売 2013/8/15)

 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130815-OYT1T00283.htm

 東京大の古澤明教授らの研究チームが、光の粒子に乗せた情報をほかの場所に転送する完全な「量子テレポーテーション」に世界で初めて成功したと発表した。

 論文が15日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。計算能力が高いスーパーコンピューターをはるかにしのぐ、未来の「量子コンピューター」の基本技術になると期待される。

 量子テレポーテーションは、量子もつれと呼ばれる物理現象を利用して、二つの光子(光の粒子)の間で、量子の状態に関する情報を瞬時に転送する技術。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆NY株 相場急落のシグナル点滅 「ヒンデンブルグの予兆」話題に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (日経 2013/8/15)…抜粋

 http://www.nikkei.com/markets/kaigai/summary.aspx?g=DGXNASFL1506B_15082013000000

 ここ数日よく聞くのは「ヒンデンブルグの予兆」と呼ばれるテクニカル指標だ。短期間に条件を満たす回数が多いほど、相場急落の強いシグナルを発するとされる。

 条件を満たす頻度が重要な指標だけに「予兆」が常に実現するとは限らないが、市場参加者の関心は高い。

 UBSのフロア取引責任者のアート・カシン氏は「今週初めまでの8営業日のうち5日は条件をクリアした」と指摘する。発生頻度は2007年11月以来の高さという。ダウ平均がリーマン・ショック前の最高値を付けたのが07年10月。そこから金融危機の深まりと歩調をあわせてダウ平均は下落基調を強め、09年3月には半値以下の水準に沈んだ。07年10月のヒンデンブルグの予兆は正しかったと評価できる。

 米景気と企業業績がともに堅調で住宅バブル懸念も強かった07年10月と、米景気や企業業績ともに緩やかな成長にとどまる現状はかなり異なる。それでも大きな調整もなく相場の上昇が長く続いているだけに、まだ記憶に新しい「歴史的急落前」以来の強いシグナルに身構える市場参加者は少なくない。

 ラザード・キャピタル・マーケッツのアート・ホーガン氏は「年末商戦に次いで重要な9月の新学期商戦を前に小売業から相次いで思わしくない材料が出ているのが気掛かり」と話す。14日は百貨店のメーシーズが2014年1月期通期の業績見通しの下方修正を発表した。投資家が夏季休暇から戻ってきた後の相場のムードがこれまでほど楽観的でなくなる可能性は高そうだ。


ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ


≪編集部のコメント≫


 ※河野洋平の息子がこう言っています。
  彼を一時のみ官房長官にして修正、撤回させて、
  矢面に立たせてみたいですねー。
  親子でのカルマの刈取りというやつでしょうか。

  ■河野太郎氏「俺がなにかしたか?」 「河野談話」問題で絡まれプッツン

  http://www.j-cast.com/2013/08/14181488.html

  「河野談話は『内閣の意思』」「河野談話を修正または撤回するためには、河野談話に替わる内閣の新しい見解、意思を発表する、河野談話を踏襲しないという内閣の意思を明示する、または何らかの形での否定をすることが必要」


 ※靖国神社について(3)「明日への選択」より抜粋

  戦前、日本軍将校として活躍した朝鮮出身の金錫源将軍は、支那事変で大隊長(少佐)として日本軍を率い、「堅固な要塞を誇る行高城奪取に偉大な勲功を立て」(朝日新聞)、朝鮮出身者として初めて金鶏勲章功三級を受章した。

  金将軍は戦後、朝鮮戦争で首都防衛の師団長として活躍。昭和五十五年に来日した時は靖国神社に参拝した。靖国神社には、フィリピンのルソン島各地を中隊長として転戦し、アレブンョ高地で壮烈な戦死を遂げた彼の次男、金泳秀が祀られている。

  将軍は参拝後、こう語った。「自分の息子は戦死した。それは軍人として本望である。本人も満足しているであろう」と。


 ※ネットの宣伝で、「スラージュマン株式会社 配当目標24%」
  というのがありました。要注意ですね。

  http://www.s-ment.com/

  つい先日、米国MRIが日本人8700人から1300億円を騙し取る詐欺が発覚したばかりなのに、ネットでこんなのが宣伝できるというのには疑問です。今後は宣伝した媒体へも何らかの責任を負わせるのがいいと思います。











★ブログ・ランキング、応援して下さい。
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura4987 | 2013-08-16 08:15 | ■日本再生ニュース

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987