「ほっ」と。キャンペーン

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆イスラム武装組織、「天安門広場の車突入は聖戦」 追加攻撃も予告



★本日のニュースヘッドライン

  ◆中国、尖閣上空に「防空識別圏」 日本と重複…空の緊張必至

  ◆中国の防空識別圏設定「深い懸念」…米国務長官

  ◆「非常に危険、強い懸念」岸田外相が談話

  ◆イスラム武装組織、「天安門広場の車突入は聖戦」 追加攻撃も予告

  ◆日本で報じられないオスプレイの大活躍、
                普天間基地から14機がフィリピン救援に

  ≪編集部のコメント≫


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆中国、尖閣上空に「防空識別圏」 日本と重複…空の緊張必至
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (産経 2013/11/23)

 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131123/plc13112312410007-n1.htm

 中国政府は23日、東シナ海上空に戦闘機による緊急発進(スクランブル)をするかどうかの基準となる防空識別圏を設定したと発表した。同日午前10時(日本時間同11時)から施行した。発表された防空識別圏の図には尖閣諸島(沖縄県石垣市)上空周辺が含まれている。日本が既に設けている防空識別圏と重なり合っているため今後両国間の緊張が高まるのは必至だ。

 国営新華通信などを通じた発表によると、中国の防空識別圏は朝鮮半島の南側から台湾の北側まで、日本の南西諸島に沿うように設定された。発表された図は尖閣諸島を「領海線」で囲んでいる。公告によると、防空識別圏を飛ぶ航空機は飛行計画を中国外務省または航空当局に提出する義務を負う。また、国防省が防空識別圏を管理する。

 中国が防空識別圏を新たに設定したのは、領土や歴史問題をめぐり対立する日本を意識した動きとみられる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆中国の防空識別圏設定「深い懸念」…米国務長官
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (読売 2013/11/24)

 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131124-OYT1T00200.htm?from=blist

 ケリー米国務長官は23日、中国の防空識別圏設定について声明を発表し、「深い懸念」を示した。

 長官は、中国の「一方的な行動」は東シナ海の現状変更を試みるもので、「地域の緊張を高めるだけだ」と批判した。中国には自制を求め、日本や関係国と対応を協議していると説明した。

 ヘーゲル米国防長官も声明で、米国が中国に懸念を伝えたことを明らかにし、「中国の今回の発表によって、米国の地域での軍事作戦のあり方が変わることは全くない」と強調した。沖縄県の尖閣諸島が日米安保条約の適用範囲内にあることも声明に明記した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「非常に危険、強い懸念」岸田外相が談話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (産経 2013/11/25)

 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131125/plc13112500480001-n1.htm

 岸田文雄外相は24日夜、中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海上空に防空識別圏を設定したことについて「不測の事態を招きかねない非常に危険なものであり、強い懸念を表明する」との談話を発表した。

 中国側は23日の公告で、防空識別圏を飛ぶ航空機が中国側の命令に従わない場合、中国軍が「防御的な緊急措置」を取るとしている。外相談話は「公海上における飛行の自由の原則を不当に侵害する」などと指摘し、撤回を求めた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆イスラム武装組織、「天安門広場の車突入は聖戦」 追加攻撃も予告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (AFP 2013/11/24)

 http://www.afpbb.com/articles/-/3003893

 トルキスタン・イスラム党(TIP)を名乗るイスラム武装組織がインターネットでビデオ声明を公開し、先月28日に北京の天安門広場で起きた自動車突入炎上事件は「聖戦」だと明言するとともに、今後の新たな攻撃を予告した。米民間情報機関SITE インテリジェンス・グループが明らかにした。

 SITEによると、8分間のビデオ声明には、TIPの指導者アブドラ・マンスール氏が顔をぼかして登場し、北京の事件を実行したのは「ムジャヒディン(イスラム聖戦士)」だったなどとウイグル語で述べるとともに、天安門広場に面し、中国共産党の会議などが開かれる人民大会堂をウイグル人の戦士が標的にしていると警告した。

 事件ではガソリンが入った缶を積んだ車が天安門に突入し、車に乗っていた3人と巻き添えになった2人が死亡し、さらに40人が負傷した。警察は、車に乗っていた3人は新疆ウイグル自治区のウイグル人だったとしている。

 今回のビデオ声明にはっきりとした犯行声明が含まれていたかどうかは明らかになっていない。中国の国営メディアはビデオ声明について報じていない。

 一部の治安専門家は、TIPは中国や米国がテロ組織に指定している「東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)」の親組織だとしているものの、TIPとETIMは同一の組織だという見方もある。

 中国の治安当局幹部は、天安門広場の自動車突入炎上事件の背後にETIMがいたという見方を示している。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本で報じられないオスプレイの大活躍、
                普天間基地から14機がフィリピン救援に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (jbpress 2013/11/21)

 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39216?page=4

 災害救援活動における有用性を航空母艦以上にアピールしているのが、日本でも“有名”なアメリカ海兵隊中型輸送機MV-22Bオスプレイである。

 巨大台風によるフィリピン発災翌日、11月9日にアメリカ国防長官がアメリカ太平洋軍に救援出動命令を下すと、ただちに三沢基地所属のアメリカ海軍哨戒機P-3オライオン2機がフィリピンに派遣され、被害状況把握と生存者発見のための捜索飛行を開始した。この初動状況把握に基づいて、翌10日、沖縄のアメリカ海兵隊は、第3海兵遠征旅団によって救援部隊を編成することを決定し、旅団司令官ポール・ケネディ准将をフィリピン救援部隊指揮官に任命した。

 ただちにケネディ海兵准将は、前進司令部部隊と人道支援専門部隊からなる第3海兵遠征旅団先遣隊90名を率いて、救援物資と通信資機材を積み込んだ2機の海兵隊空中給油輸送機KC-130ヘラクレスに乗り込み、普天間基地からフィリピンに向かった。それと同時に海兵隊MV-22Bオスプレイの派遣も決定された。

 翌11日、オスプレイ4機が普天間基地からフィリピンに向かって飛び立った。また、100名の海兵隊救援部隊と発電機や飲料水ならびに救援物資を積み込んだ3機の海兵隊KC-130ヘラクレスもタクロバンへと向かった。


ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ


≪編集部のコメント≫


 ※■「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」から抜粋

  米政府もすぐに反応した。外交と軍事双方のルートを通じて「強い懸念」を中国政府に伝えたが、これは米政府の抗議である。ケリー国務長官とヘーゲル国防長官、ならびに国家安全保障会議(NSC)は一斉に声明を発表した。

  産経新聞に従うと、「ヘーゲル長官は、防空識別圏の設定を「地域の現状を変更し、不安定化させる試みだ。一方的な行動は誤解と誤算(による不測の事態)の危険性を増大させる」と非難し、「日本を含む同盟・友好国と緊密に協議する」と強調した。さらに、尖閣諸島が日米安全保障条約第5条の適用対象であることを「米国は再確認する」と中国にくぎを刺し、防空識別圏の設定でも「この地域における米軍の軍事作戦の遂行に、一切変更はない」と警告した

  米政府は「尖閣諸島は日米安保条約の適用対象」と繰り返し表明しており、その外交的経緯をまったく無視した中国の防空識別圏設定は「米国と日米同盟へのあからさまな挑戦」(米国ペンタゴン筋)である。つまり米国は、自分の国が馬鹿にされたと怒っているのである。


 ※日中開戦の方向に舵を切ったチャイナ。
  久しぶりにと言いますか、
  本当に緊張が走りました。

  そんな中、民主党は秘密保護法案に反対の
  新聞広告を打ったりと、バカ丸出しの事をやっています。
  このチャイナのスパイ政党に抗議をお願いします。

  ■秘密保護法案 今国会は断念を

  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131124/t10013301111000.html

  ■民主、秘密法案に反対広告

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131124-00000074-jij-pol

  抗議先は下の方に載せております。↓

  今回の事で、当編集部も更なる緊張感を持って、
  政治活動に取り組んで参りたいと思いますし、
  抗議のお願いも増えていくものと思いますが、
  どうぞよろしくお願いいたします。

  ともに日本を守って参りましょう!

[PR]
by sakura4987 | 2013-11-25 08:52 | ■日本再生ニュース

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987