「ほっ」と。キャンペーン

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆安倍総理は河野談話を「白紙撤回」すべし!



★本日のニュースヘッドライン          ≪2014/03/12(水)≫

  ◆世迷言-東海新報

  ◆先祖返り朝日の犯罪

  ◆グレンデール訴訟で報告会 「勝訴で他の慰安婦像設置を阻止」

  ◆慰安婦告白本に性奴隷と思えない記述 高額貯金、ダイヤ購入など

  ≪編集部のコメント≫


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆世迷言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (東海新報 2014/3/9) …抜粋

 http://www.tohkaishimpo.com/

 それにしても安倍首相が指摘するところの「戦後レジーム(体制)」の情けなさにはがっかりする

 韓国がしゃかりきになって追及する慰安婦問題に対する政府やマスメディアの姿勢には、明らかに事大主義の臭いが立ちこめている。要するに外からのいわれなき攻撃に真っ向から立ち向かわず、その場しのぎで済まそうとするから、及び腰が見透かされて不利な立場に追い込まれるというケースがあるのがそれだ

 慰安婦問題についても同様のことが言える。従軍との呼称は記者と看護婦の仕事に限定されていたのに、いつの間にか「従軍慰安婦」という概念まで生まれたことは中高年が十分熟知しのこと。外地に慰安所が作られ、そこには日本人だけでなく朝鮮半島からの慰安婦も混じっていたことは事実として誰も否定はしない

 とは言え、強制連行されたというイメージをも含まれる「河野談話」の見直しは喫緊の課題なのだが、お偉方の一部には「見直しはしない」という意見がなおも散見されるのはすなわち「戦後レジーム」の卑怯未練さがオリのように残っているからだろう

 戦中の京城新聞や毎日新聞には「慰安婦大募集」という広告が載っていて「月収300円以上、3000円まで前借り可」などとの文言がある。応募はまさに従軍に似ているが、そこには何ら強制性が感じられないのも明白だ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆先祖返り朝日の犯罪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (WILL 2014/3/10) …抜粋

 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140310-00010000-will-pol

朝日の日の丸隠し

 読売、日経は、一面に大きく優勝後に関係者から手渡された日の丸を肩にまとい、リンクを颯爽と笑顔を浮かべて滑走する羽生選手の写真を使った。ところが、朝日と毎日は日の丸が映った写真を一面に載せない。

 昨年のロンドン五輪でも朝日は日の丸隠しを行っているが、今回も社会面、スポーツ面など他ページでも日の丸を削除していた。ちなみに産経は首都圏版は夕刊がなく、翌十七日の朝刊に羽生選手が国旗を身体の前面に掲げて笑っている写真を使用した。

 全国から寄せられた情報によれば、私の予想どおり、北海道新聞と中日新聞も日の丸が映った写真を使用していない。多くの写真から絵になるものを選ぶのも編集の技量で、日の丸が映っていない写真をわざわざ選ばなければならない朝日、毎日などは並々ならぬ労苦を厭わず責務に従事している。なんと、感動的ではないか。そして、メディアリテラシーとは無縁な読者を徐々に洗脳していくのである。

 翌日の表彰式の報道も、日本テレビ(読売系)とフジテレビ(フジ産経グループ)は羽生選手が表彰台で君が代を歌うシーンを流したが、テレビ朝日、TBS(毎日系)は流していないのである。

 このように、安倍政権をいつも一方的に攻撃しているメディアが、まるで日本以外の場所から指令を受けているように思われるのも、それだけの証拠があるから自然な受け止め方だ。

 十年前にベストセラーなった『マンガ嫌韓流』を売り上げランキングから隠して、本の存在を抹殺しようとしたのは朝日。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆グレンデール訴訟で報告会 「勝訴で他の慰安婦像設置を阻止」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (産経 2014/3/11)

 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140311/amr14031123500012-n1.htm

 米カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦」像の撤去を求めて米国で同市を相手取って提訴した、日系人や現地在住の日本人らでつくるNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」は11日、国会内で報告会を開いた。原告の一人、目良(めら)浩一元米ハーバード大助教授は「勝訴して判例ができれば、米国の他の自治体が慰安婦像を造るのを阻止することができる」と訴訟の意義を訴えた。

 会合には、西川京子文部科学副大臣ら自民党と日本維新の会の衆院議員計12人と、訴訟に賛同する市民約300人が参加した。

 目良氏は、連邦最高裁まで訴訟が続いた場合、5~6年間で約6億円の費用がかかるとの見通しを示し、「辛抱強く支持してほしい」と寄付を呼びかけた。また、日米両国に在住する賛同者のほか、国会議員や地方議員にも原告団に加わるよう訴えた。

 別の原告は「海外で日本人としての誇りを持って子孫の名誉のために率先して戦おうとしている同胞を守ってほしい」と日本政府の支援を求めた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆慰安婦告白本に性奴隷と思えない記述 高額貯金、ダイヤ購入など
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (zakzak 2014/3/10) …抜粋

 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140310/frn1403101539006-n1.htm

 元慰安婦の証言を記した著書に、家が購入できる大金を貯金し、ダイヤモンドを買うなど、とても「性奴隷」とは思えない記述が多々あることが注目されている。

 興味深い著書は、元慰安婦という韓国人女性、文玉珠(ムン・オクチュ)氏が語り、慰安婦問題に取り組む森川万智子氏が構成と解説をつとめた「ビルマ戦線 楯師団の『慰安婦』だった私」(梨の木舎)だ。

 同書によると、韓国・大邱(テグ)の貧しい家庭で生まれた文氏は16歳の秋、日本人と朝鮮人の憲兵と、朝鮮人の刑事に呼び止められ、満州(中国東北部)東安省に連れて行かれ、朝鮮人の家で慰安婦にさせられた。大邱に一度戻った後、18歳のとき「日本軍の食堂で働きに行こうよ、金もうけができるよ」と友達に誘われ、ビルマ(現ミャンマー)・マンダレーに行き、だまされて再び慰安婦になった-とある。

 第1次安倍内閣は2007年3月、「政府が発見した資料には、軍や官憲による(慰安婦の)強制連行を直接示す記述はない」と閣議決定しているが、文氏は「強制連行」「だまされた」を主張しているわけだ。

 興味深い記述は、こう続く。

 ビルマでチップが貯まったとして、文氏は野戦郵便局に500円を貯金したが、《千円あれば大邱に小さな家が一軒買える。母に少しは楽をさせてあげられる。晴れがましくて、本当にうれしかった。貯金通帳はわたしの宝物となった》(76ページ)とある。

 その後、文氏はビルマ・ラングーンの慰安所に移った。ここでは、少しは自由に行動していたようだ。

 《週に一度か二度、許可をもらって外出することができた。人力車に乗って買い物に行くのが楽しみだった》(106ページ)

 《ビルマは宝石がたくさん出るところなので、ルビーや翡翠(ひすい)が安かった。(中略)わたしも一つぐらいもっていたほうがいいかと思い、思い切ってダイヤモンドを買った》(107ページ)

 文氏は21歳のとき、タイ・アユタヤの陸軍病院で看護婦修行を始めた。同書には、母に小さな家が何軒も買える大金を送金した記述もある。

 《電報を将校にみせて、『母の葬式に金がいるから、お金を送りたい』というと、許可が出た。貯金からおろして五千円を送金した》(137~8ページ)

 文氏の境遇には同情を禁じ得ないが、この本を読む限り、とても「慰安婦=性奴隷」とは思えない。

 日本政府は、日本と日本人を貶めている河野談話の作成経緯を検証するだけでなく、「慰安婦の真実」についても再検証すべきではないか。


ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ


≪編集部のコメント≫


 ※「河野談話」の見直し …について

  西村修平さんが言うように、「見直し」など甘すぎます。
  完全白紙撤回です。
  「見直し」という言葉使いはやめて、
  これでいきましょう!


 ※クリミア議会 独立宣言 議長「ウクライナに戻らぬ」

  http://sankei.jp.msn.com/world/news/140312/erp14031200140000-n1.htm

  オバマさんは米国の大統領などすべき人ではありませんでした。
  指導者になるというのは怖いことです。
  ある意味では自分から欲することではないのかもしれません。


 ※「政権を奪い返し、人権・平和・環境を基軸に民主主義の確立を」
              海江田代表、部落解放同盟全国大会であいさつ


  http://www.dpj.or.jp/article/104061

  この人たち自分に都合がいい言葉を並べますが、
  いままで、アメリカと仲良くしようとか聞いたことがありません。
  人を引きずりおろし、自分の利益のためなら何でもする
  賤しい人たちの集まりです。

[PR]
by sakura4987 | 2014-03-12 08:36 | ■日本再生ニュース

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987