★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

■中国、着々と「他国が支配を覆せない環境作り」



★本日のニュースヘッドライン       ≪2015/01/08(木)≫


  ◆中国、着々と「他国が支配を覆せない環境作り」

  ◆台湾人「日本に行きたい」、香港人「日本に行きたい」、
       中国人「日本に行きたい」、日本人「中国に行きたくない」

  ◆仏テロ:「神は偉大なり」男ら叫ぶ 被弾警官へ発砲

  ◆「エアアジアには近づくな!マレーシア機のようになるぞ」、
         中国人ユーザーが13日前に事故を予言、誰も信じず




  ≪編集部のコメント≫


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆中国、着々と「他国が支配を覆せない環境作り」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (読売 2015/01/07)

 http://www.yomiuri.co.jp/world/20150107-OYT1T50045.html?from=ytop_main4

 「海洋強国化」を図る中国の習近平シージンピン政権が、ベトナムと領有権を争う南シナ海のパラセル(西沙)諸島で実効支配を加速している。

 飛行場を持つ拠点・ウッディ島(永興島)の前線基地化や周辺の小島も含めた住民の生活支援など、「他国が支配を覆せない環境作り」(外交筋)を着々と進めている。

 新華社電などによると、海南島と永興島を結ぶ最新の大型補給船「三沙1号」(排水量約7800トン)が5日、就航した。「住民の生活改善と往来拡大、南シナ海の管轄能力強化」が目的で、従来の所要時間15時間を5時間短縮、人員や物資の輸送量も大幅に増やす。

 面積2・6平方キロ・メートルとされたパラセル最大の永興島は、空撮写真などから、2013年夏以降、これまでより約4割面積が拡大したことが判明。「拡張完了」が伝えられていた飛行場の滑走路は、約300メートル延びて3000メートルに達し、飛行場周辺では将来、駐機場にするための新たな海の埋め立てが行われているという。

 中国は永興島に、パラセルとスプラトリー(南沙)諸島を管轄する行政機関として三沙市を設置し、病院、銀行、スーパーなどが開業しているが、新たに金融や物流、メディア、農業など90以上の企業が、同市に「登記」し、経済活動を始めていることも伝えられた。


<現在>
e0006194_09091908.jpg

<未来予想図>
e0006194_09090066.jpg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆台湾人「日本に行きたい」、香港人「日本に行きたい」、
     中国人「日本に行きたい」、日本人「中国に行きたくない」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (searchina 2015/01/07) …抜粋

 http://news.searchina.net/id/1556343?page=1

 米国の大手旅行専門インターネット・メディアの「トラベルズー」はこのほど、「2015年に訪れたい旅先」を質問するアンケート調査の結果を発表した。台湾、香港、中国では「2014年」について行った調査に引き続き、「日本」と回答した人が最も多かった。日本人で、訪れたい旅先に中国を選んだ人は、いずれも10位以内に入らなかった。

 調査対象とした地域で、「2015年に訪れたい旅先」に日本を選んだ人が最も多かったのは台湾で、56%が、「2015年に訪れたい旅先」に日本を選んだ。日本は第2位のスイスにも大きな差をつけた。

 香港では、「2015年に訪れたい旅先」が前年比6%増の49%だった。第2位はオーストラリア(31%)。

 台湾で「行きたい旅先」に韓国を選んだ人は、14年、15年ともに第10位以下の「圏外」だった。

 中国が「2015年に行きたい旅先」として日本を選んだ人は前年比11ポイント増の40%だった。第2位から5位までは米国(31%)。

 日本が「2015年に行きたい旅先」として選んだ第1位から第4位までは米国(38%)、日本(28%)、イタリア(22%)、フランス(20%)、スペイン(18%)で、オーストラリアと台湾がとも17%で続いた。

 日本で「行きたい旅先」に中国(大陸部)を選んだ人は2014年、15年ともにランキング10位以下の「圏外」だった。


 台湾では「2014年に行きたい旅先」に中国を選んだ人が21%で第3位だったが、「2015年に行きたい旅先」では15%で第9位と、大きく後退した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆仏テロ:「神は偉大なり」男ら叫ぶ 被弾警官へ発砲
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (毎日 2015/01/07) …抜粋

【動画】視聴注意(警察官への発砲場面があります)

 https://www.youtube.com/watch?v=VB1mzo9YTMs

 http://mainichi.jp/select/news/20150108k0000m030140000c.html

 仏週刊紙「シャルリーエブド」の本社襲撃事件では、上下黒ずくめの男2人が銃撃を繰り返す衝撃の瞬間を、たまたま近くにいた目撃者が撮影していた。インターネット上で公開された動画には、凄惨(せいさん)な現場が記録されていた。

 本社近くの建物屋上から撮影したとされる動画では、道路中央に止められた小型乗用車から黒ずくめで目出し帽をかぶった男2人が飛び出すと、自動小銃を水平に構えていきなり数発発砲。歩道にいた警察官が被弾し倒れ込むと、男のうち1人が近づき、片手を上げ無抵抗の姿勢を示す警察官に更に1発発砲した。その後、男らは再び車に戻り別の場所へと移動した。

 また別の動画では、オフィスビルなどが並ぶ繁華街の十字路で、男2人が「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と大声で叫び、直後に自動小銃を乱射。さらに何かを叫びながら移動する様子が映っていた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「エアアジアには近づくな!マレーシア機のようになるぞ」、
    中国人ユーザーが13日前に事故を予言、誰も信じず―台湾メディア

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (recordchina 2014/12/31) …抜粋

 http://www.recordchina.co.jp/a99944.html

 台湾メディアは、事故発生の13日前に「エアアジアに近づくな」と繰り返し警告していたネットユーザーの存在を伝えた。 

 今月15日、中国のネット掲示板・天涯論壇に「老百姓有自己的楽」を名乗るユーザーが、「国際裏組織はマレーシア航空の次にエアアジアを狙っている」と題したスレッドを立てた。

 このユーザーは「国際裏組織によるMH370便とMH17便の墜落事故のせいで、世界6大航空会社の1つであったマレーシア航空は倒産寸前にまで追い込まれている。彼らの次の目標はエアアジアだ。中国人観光客はエアアジアに近づくな。MH370の犠牲者のようになる」と訴えた。


ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ


≪編集部のコメント≫<br>


 ■一昨日の記事、

  ◆1億以上の株保有で申告義務へ …について

   マイナンバー制やこれなど、
   どうも気持ちが悪いです。

   対テロ対策や脱税防止のためなのだろうとは思いますが、
   国民はすべて丸裸という感じになり、
   実に気持ちが悪いなあという気持ちです。

   マイナンバー制は当初、
   銀行口座などはチェックしないと言っていたのですが、
   違う方向のようです。

   官僚はちょっとやり過ぎの感がします。

   老子の第29章に次の言葉があります。

   【天下を取(おさ)めんと将欲(ほっ)して之を為さば、吾れ其の得ざるを見るのみ。天下は神器なり、為す可からざるなり。為す者は之を敗り、執る者は之を失う】

   (天下を治めようとして、ことさらなことをするならば、わたしの見るところ、治められないのだ。天下というものは神聖な器であり、ことさらなことをして何とかなるものではない。ことさらなことをすると壊してしまうし、捕らえようとすると失ってしまう。)

   いろいろ規制を作らずに、
   緩和する方向が望ましいのですが。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■集団自衛権について

  「自衛権」は「正当防衛」とほぼ同じ意味です。

  (英語では、どちらもselfdefense)。

  刑法では、暴漢から自分だけでなく
  他人を守ることも正当防衛と見なされますが、
  国家レベルでも、そのまま通用します。

  今回の解釈変更の閣議決定は、
  軍拡主義の独裁国家から日本と
  近隣の国々を守るためのものです。

  一番目の記事をご覧なれば、
  すぐにお分かりかと思います。

  この永興島の未来予想図を観ると、
  高層ビルが林立する計画のようです。
  チャイナの目標は、
  完全に西沙諸島を手中に収めること。

  このような軍事独裁国家に対して、
  日本の集団的自衛権行使容認が
  「過剰防衛」という批判は当たらないと考えられます。

  ●刑法第36条

   急迫不正の侵害に対して、
   自己又は他人の権利を防衛するため、
   やむを得ずにした行為は、罰しない。








[PR]
by sakura4987 | 2015-01-08 09:23 | ■日本再生ニュース

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987