★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「最大の敵はイラン」31%で1位…米世論調査

(読売06/2/24)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060224i111.htm

 【ニューヨーク=大塚隆一】米ギャラップ社が23日発表した世論調査で、米国人の31%がイランを「米国の最大の敵」とみなしていることがわかった。2位以下はイラク22%、北朝鮮15%、中国10%の順だった。

 昨年の調査では、イラクと北朝鮮を「最大の敵」に挙げる人がともに22%で最も多く、イラン14%、中国10%と続いた。イランへの警戒感が倍増した背景には、核問題をめぐる強硬姿勢があるとみられる。

 同時に行われた22か国・地域の好感度調査によると、トップはカナダで、89%の人が好感を寄せていると答えた。これに英国88%、日本81%、ドイツ79%が続いた。

 アジアの他の国・地域で好感を抱く人が多かったのは台湾とフィリピンで67%。インドも66%に達した。中国は44%、北朝鮮は10%にとどまった。最下位はイランの7%だった。


◆中ロ高官、相次ぎイラン入り・核協議開始へ (日経06/2/24)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060224AT2M2401T24022006.html

 【アブダビ=加賀谷和樹】ロシアのキリエンコ原子力庁長官と中国の呂国増外務次官は24日、相次いでイランの首都テヘランに入った。両氏は週末まで滞在し、イラン政府に核開発問題で譲歩を迫る見通し。ただ、これによって事態が大きく転換する可能性は低いとの見方が多い。

 キリエンコ長官は25日にアガザデ原子力庁長官らと会談。26日にはロシアの支援でイラン初の原子力発電所を建設中の南部ブシェールを視察する。この間、イラン向け核燃料を製造するためのウラン濃縮をロシアの合弁企業に委託する打開案について協議する予定だ。一方、呂次官は24日から3日間の日程でイラン要人と会い、イラン核問題に関し意見を交換する。キリエンコ長官と呂次官がイラン側との協議の場に同席するかどうかは明らかでない。

 イラン核問題の先行きについて、中国の李肇星外相は「3月6日の国際原子力機関(IAEA)理事会の前の数日が重要だ」と指摘。ロシア内部でも同国でのウラン濃縮案に対し、イラン側がIAEA理事会の直前まで決定を公表しないとの観測が支配的だ。 (23:33)
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-25 07:53

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987