★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆三重県発行 今春1万冊を各学校に

(民団新聞06/2/22)

http://mindan.org/shinbun/news_t_view.php?category=13&page=19

 【三重】在日韓国・朝鮮人問題をテーマとした人権啓発漫画が今春、三重県か
ら発行される。脚本づくりにあたっては1世から4世まで県内の在日韓国人30
人に直接取材し、等身大の在日像を描き出した。これは民団三重県本部(殷鍾秀
団長)の全面協力があって実現したもの。1万冊を印刷し、県内すべての小・中
・高校と行政機関に配布する。

県内同胞30人に取材 民団県本部監修

 タイトルは「カヌンキル(僕の生きる道)」。在日として生きる道を選択した
3世の高校生が、日本社会の偏見・差別の厚い壁にぶつかり、もがきながら自己
実現を図っていく道筋を描く。

 主な登場人物は1世から4世まで幅広い。これら複数の世代が複雑に絡み合い、
重層的な在日像を浮かびあがらせる。1世の証言を通して過酷な植民地体験を浮き
彫りにし、2・3世の代になると生き方も多様化していく様子をありのままに描く。
共通しているのは在日ゆえの苦悩だ。

 主人公に「こんな血いらんわ、抜いてくれ」と言わせる場面などは象徴的といえ
る。思い悩みながらも韓国人として生きる決意を固め、共生があたりまえの日本社
会に変えていくことこそ自身の生きる道だと気づく。

 主人公が出自を隠し二つの名前の間で揺らぐ姿は、日本社会の閉鎖性の表れでも
あると指摘している。教師はそんな主人公に「(韓国籍であることを)周りには言
わんほうがええな」と勧める。登場人物の本名宣言にも級友の反応は対照的。一方
はまっすぐ受け止めようとし、もう一方ははぐらかす。漫画でありながら日本人の
読者に投げかけるメッセージは重たいものがある。

 本書は「同和」や「障害者」などをテーマにした県発行の人権シリーズの第7巻
にあたる。企画が持ち上がったのは1年前の4月のこと。当時は今以上に韓流華や
かなりしときだった。スタッフの鈴木良英さん(財団法人「反差別・人権研究所み
え」研究員)は「在日に光をあて、韓流に深みをつけたかった」という。

 監修に加わった民団三重県本部の韓久事務局長も「在日の問題は日本の内政問題だ
ということを分かってほしかった」と話している。ストーリーがかなり刺激的だった
ためか、県からは不協和音も聞こえてきた。しかし、最後は「説き伏せた」。鈴木さ
んは「県には英断を下してもらった」と評価している。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-26 09:25

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987