★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆第三国人

・神奈川事件(1951年6月13日)
浜市神奈川区にある青木小学校分校において、神奈川県朝鮮人学校PTA連合運
動会が開かれていたが、参加者の一人が警備をしていた警察官に対して暴力をふ
るったため、公務執行妨害で検挙しようとしたところ、これを妨害しようとして
大乱闘となった。これにより、双方ともに数名の負傷者を出した。
運動会終了後、約500名の朝鮮人が横浜市警察本部に殺到し、玄関前でスクラ
ムを組んで気勢をあげた。そのため、横浜市警は約1000名の警察官を動員し、
公安条例違反容疑で28名を検挙した。

・下里村役場事件(1951年10月22日)
兵庫県加西郡下里村(現在の兵庫県加西市)において、朝鮮人約200名が、
「生活保護」「強制送還反対」の陳情をするために下里村役場に押しかけ、村役
場職員を吊るし上げ、椅子を振り上げる等の暴挙に出たので、暴行脅迫・恐喝容
疑で15名を検挙した。

・福岡事件(1951年11月21日)
「強制追放反対」を叫ぶ朝鮮人約1500名が、福岡市大浜新校地と西公園に分
散して集合し、そのうち新校地の一隊が同市千代町へ向かってデモ行進したため、
それを阻止しようとした警官隊と乱闘となり、16名が検挙された。その後、解
散に見せかけて、新校地に再結集し集会を開いた。警官隊が解散を命じたが応じ
なかったので、再度乱闘となり5名を検挙した。

・東成警察署催涙ガス投擲事件(1951年12月1日)
1951年11月10日、泥酔中の朝鮮人を警察が保護したが、容態が急変して
同日夜に死亡した。乗っていた自転車が転倒して肝臓が破裂したことが原因であっ
た。
ところが、朝鮮人側は警察官の暴行により死亡したとデマを流し、約30名の朝
鮮人が東成警察署へ抗議に訪れ、署員の制止を聞かずに署内に乱入しようとした
ので、これを阻止すると、催涙ガス瓶を投げ入れたり、投石してガラス窓を破壊
したので、被疑者3名を検挙した。

・半田・一宮事件(1951年12月3日~11日)
1951年12月3日、愛知県の半田税務署に密造酒取締の件で朝鮮人が押しか
け、署長以下数名を監禁した。一方、一宮税務署管内でも密造酒取締に対して、
約100名の朝鮮人が捜査の妨害をした。
そのため、半田・一宮両市警及び国警愛知県本部は12月8日に一斉強制捜査を
行い、容疑者27名を検挙した。
12月11日、これに抗議する朝鮮人約150名が半田市役所に押しかけて、庁
舎内に乱入して警備の警察官ともみ合いになった。また名古屋市港区役所にも約
70名が押しかけ、区長が乗っている乗用車を取り囲み、バックミラーや方向指
示器を破壊した。他にも一宮税務署、一宮市警、名古屋市役所及び千種、北、瑞
穂、南の各区役所にも押しかけた。

・軍需品製造工場襲撃事件(1951年12月16日)
上記の東成警察署で死亡した朝鮮人の追悼式に参加した朝鮮人約110名は、3
班に分かれて、大阪市内四ヶ所の親子爆弾製造工場(民団系)を襲撃し、製品や
窓ガラスを破壊したり、従業員に暴行を加えたりした。

・日野事件(1951年12月18日)
朝鮮人約50名が、自転車隊を編成し、白襷をかけ、「強制送還反対」のプラカー
ドを掲げ、メガホンやスピーカーを所持し、強制送還反対を叫びつつ滋賀県内を
無届デモ行進をした。警察は公安条例違反として再三中止を警告したが応じなかっ
たので、滋賀県蒲生郡日野町において実力行使に出たが、石や薪などを持って抵
抗したり、拳銃を奪い取るなどして反抗した。これにより、警察側に25名の重
軽傷者を出したので、拳銃を発砲してこれを鎮圧した。35名が検挙された。

・木造地区警察署襲撃事件(1952年2月21日~23日)
1952年2月21日に国家地方警察青森県本部所属の木造地区警察署で傷害容
疑の朝鮮人2名を逮捕したが、朝鮮人数十人が検挙者の即時釈放を要求して連日
署に押しかけた。
23日になると、約70名が署内に侵入しようし、警備の警察官と揉み合いにな
り、警察署の玄関のガラス戸が破壊された。

・姫路事件(1952年2月28日)
兵庫県姫路市において、民団広畑分団長ほか3名の民団員宅に旧朝連系約20名
が覆面して押しかけ、器物を破壊して逃走した。また同時刻に姫路市内の交番4
ヶ所に5~30名の朝鮮人が押しかけて、警察官を軟禁し、多数の威力を示して
脅迫した事件である。捜査の結果21名を検挙し、竹槍等の凶器を押収した。

・八坂神社事件(1952年3月1日)
三・一事件記念の名目で集まった約70名の朝鮮人デモ隊が、大阪市東成区の八
坂神社境内に突入しようとしたため、大阪警視庁機動隊と大乱闘となり、朝鮮人
側に十数名の負傷者を出して解散した。一時間後、いったん解散させられたデモ
隊40名は近くの朝鮮人集落の広場でジグザクデモ行進を始めたので、東成署員
約50名が現場に急行、解散させた。この事件で6名が検挙された。

・宇治事件(1952年3月13日)
1952年3月13日午前1時頃、宇治市警小倉派出所・伊勢田臨時派出所及び
警察官宅3ヶ所に、それぞれ5名の朝鮮人が押し入り、
表戸などの器物を破壊し、「殺すぞ」の暴言を吐いて逃走した。

そのため、宇治市警は国警京都府本部の応援を得て426名の特別検挙隊を編成
し、宇治市ウトロ地区(朝鮮人集落)を捜索、小競り合いなどがあったが、6名を検
挙した。また伏見税務署も密造酒の捜索を行い、密造酒2升を押収した。

・多奈川町事件(1952年3月26日~30日)
大阪府泉南郡多奈川町(現在の大阪府泉南郡岬町)において、密造酒取締の結果、
9名を検挙し証拠物件をトラック10台に満載して引き上げようとしたところ、
これを奪還するため約500名の朝鮮人が押しかけ、投石その他によりトラック
の進行を阻止して、9台分の押収物件を破棄し、被疑者を逃走させて運転手に暴
行を加えた。その後の捜査の結果27名を検挙した。

・田川事件(1952年4月19日)
1952年4月13日、福岡県の七曲峠で花見をするために集まっていた日本人
グループと朝鮮人グループが喧嘩になり、双方に死傷者が出た。国家地方警察田
川地区警察署は両グループを検挙した。
ところが19日になって、朝鮮人の集団が田川地区警察署に押しかけ、犯人の即
時釈放を要求した。警察は3名のアリバイを認め釈放したが、朝鮮人たちは引き
続き全員の釈放を要求し続けた。午後11時になり、警察が排除に乗り出したの
で、彼らはガラス戸に向かって投石をし始め、ガラス戸27枚が破損、警察官7
名が負傷した。
21日に再度、田川地区警察署に押しかけて署長に面会を求め、署内に乱入しよ
うとしたため、催涙弾を使用して鎮圧した。

・岡山事件(1952年4月24日~5月30日)
阪神教育事件の記念日である4月24日に、朝鮮人約200名が岡山市公安条例
に違反する無届デモを敢行し、岡山市役所に突入しようとしたので、岡山市警が
制止しようとしたところ、旗ザオに見せかけた竹槍で警察官2名を刺し、「プロ
ムアセトン(催涙ガス)」入り瓶を投げつけたり投石したので乱闘になり8名を
検挙した。
5月1日のメーデーでは、労組による合法デモに入り込んで警察官を追いかけた
り、岡山新聞社の写真部員に投石したりした。
11日に岡山市警は傷害容疑で英賀朝鮮人学校に乗り込んだが、校内の約300名の朝鮮人の妨害を
受けたため、公務執行妨害で8名を検挙した。その後、朝鮮人約500名は飾磨警察署を包囲して気
勢をあげた。

・血のメーデー事件(1952年5月1日)
第32回メーデー大会に参加したデモ隊の一部は、日比谷公園前において「人民
広場(引用者注:皇居前広場のこと)に押しかけろ」を合図に同公園を通過し、
警官隊の警戒線を突破して皇居前広場に殺到したため、警官隊と乱闘になった。
乱闘中に、3000~5000名の旧朝連系(在日朝鮮統一民主戦線・祖国防衛
隊)を先頭とする数万のデモ隊がこれに合流したため、双方の乱闘が一段と激化
し皇居前は一大修羅場と化した。この事件で2名が死亡し、日本人1078名、
朝鮮人131名が検挙された。

・上郡事件(1952年5月8日)
4月10日に左翼系朝鮮人5名は、兵庫県赤穂郡船坂村(現在の兵庫県赤穂郡上
郡町)で、別の朝鮮人3名に対して日本の学校に入学させていたことを理由に
「スパイ」と難癖を付け、巻き割りで殴打した。
その事件の容疑で5月8日に国警赤穂地区警察署は、朝鮮人8名を検挙した。そ
の後、容疑者は神戸地検姫路支所に護送されたが、その間朝鮮人の一団が赤穂地
区警察署に押しかけ、容疑者の奪還を図ろうと南へ約50m離れた小谷薬局前で
警察と乱闘になったが、容疑者の身柄は無事護送された。

・大村収容所脱走企図事件(1952年5月12日~25日、11月9日~12日)
1952年5月12日、韓国に強制送還された朝鮮人のうち、125名が手続不
備で逆送還されて、大村収容所に再収容された。これに対し、民戦から数回にわ
たって抗議した後、5月25日になって50名が抗議に押しかけ、代表が当局と
会談中、外部の者は盛んに収容者に対し、逃走をけしかけた。そこで約100名
は混乱に乗じて逃走を企図し、12名が逮捕されてようやくおさまった。
その後、11月9日~12日にわたって、また民戦活動家数十名が押しかけ代表
が当局と交渉中、654名の収容者が一斉に脱出を企図したので、催涙弾と消防
車でこれを阻止し、首謀者12名を検挙した。

・広島地裁事件(1952年5月13日)
駐在所と民家に放火した容疑で検挙した朝鮮人4名の裁判が広島地方裁判所で開
かれたが、傍聴していた朝鮮人約200名が柵を乗り越えて法廷内を占拠、被告
4名を奪還して逃走させた。

・高田派出所襲撃事件(1952年5月26日)
5月26日早朝、名古屋市瑞穂区にある民団愛知県本部顧問宅へ旧朝連系の朝鮮
人数十人が乱入した。そのため、顧問は瑞穂警察署高田派出所に助けを求めてき
た。警察官が顧問を助けようとしたところ、追跡してきた一団は火炎瓶や石を投
げつけて派出所を焼き討ちにした。そして、裏口から逃げようとした顧問を追い
かけて暴行を加え、全治10日間のけがを負わせた。
他にも同時多発ゲリラとして、米軍基地・民団愛知県本部・中村県税事務所に火
炎瓶を投げ込んだり、名古屋簡易裁判所判事宅に投石を行ったりした。最終的に
朝鮮人31名が検挙された。

・奈良警察官宅襲撃事件(1952年5月31日)
奈良市警警備課巡査部長宅に約10名の朝鮮人が押しかけ、戸を開けた巡査部長
の父に暴行を加え意識不明の重体にし、窓ガラスや障子を破壊して逃走した。

・万来町事件(1952年5月31日~6月5日)
口県宇部市では、生活保護の適用をめぐって朝鮮人と対立していた。1952年
5月31日以来、連日のように宇部市福祉事務所に押しかけていた。
6月3日には約400名が押しかけたので、宇部市警は全署員を非常招集し解散
させたが、留守中の上宇部派出所が襲撃され、投石で窓ガラスが割られた。
6月5日になると、宇部市万来町(現在の宇部市新町9丁目)にある「朝鮮人解
放救援会山口県本部」が「民主愛国青年同盟」の結成式を催すことになり、県内
各地から朝鮮人たちが集まってきた。その中の中核自衛隊員70名が宇部興産窒
素工場に乱入し、阻止しようとした守衛に暴行を加えた。その後、民団員宅を襲っ
て傷害を与え、解放救援会山口県本部事務所に引き揚げた。警察は犯人を逮捕す
るために解放救援会事務所を包囲し解散を呼びかけたが、彼らは投石をしたり、
棒を振って警官隊に突入を図ったため、遂にガス弾を投入して鎮圧した。

・島津三条工場事件(1952年6月10日)
1952年6月10日、朝鮮人約50名が、京都市中京区にある島津三条工場に
押しかけ、破防法反対のアジ演説を行ったので、工場側の要請を受けた警察官約
15名が現場に急行、50代くらいの朝鮮人1名を検挙、京都市警南部警邏隊の
パトカーに収容した。
同パトカーが春日通三条にさしかかった際、付近にいた朝鮮人約100名が前に
立ちふさがり、車内に火炎瓶を投げ込み、乗っていた8名の警察官に重軽傷を負
わせ、検挙者を逃走させた。

・醒ヶ井村事件(1952年6月13日)
警察は滋賀県坂田郡醒ヶ井村(現在の滋賀県坂田郡米原町)で、民団系朝鮮人を
暴行して全治2ヶ月の重傷を負わせた事件で容疑者7名を逮捕するために現地に
向かったが、朝鮮人は事前に察知してピケを張るなどして妨害したため大乱闘と
なり、公務執行妨害で40人、検挙予定の7名の内6名を逮捕した。

・葺合・長田事件(1952年6月24日)
6月24日に神戸市葺合区(現在の神戸市中央区)の東神小学校に約50名の朝
鮮人が集まり、竹槍を持って無届デモを行ったので、2名を公安条例違反で検挙
した。これに対して9時半ごろ、葺合警察署に約100名の朝鮮人児童が押しか
けて投石したため、実力で排除したが、別の一団が乱入し乱闘となった。
一方、長田区では、朝鮮人約150名が神楽職業安定所に向かったので警官隊が
追跡したところ、投石したため、デモ隊を包囲して11名を検挙した。

・吹田・枚方事件(1952年6月24日~25日)
6・25朝鮮戦争前夜祭として、待兼山に参集した民戦系学生等約1100名は、
山中に竹槍を用意し、二隊に分かれて伊丹駐留軍宿舎を襲撃したが、警備体制に
圧倒されて目標を変更し、一隊は吹田操車場に駐留軍貨車を物色したがこれも発
見できなかったため、再び吹田駅に引き返す途中、警官隊と衝突し、拳銃2丁を
奪い、さらに行進中交番2ヶ所および日本国粋党の笹川良一宅を火炎瓶・竹槍で
襲撃した。そこへたまたま出会わした駐留軍司令官クラーク准将の自動車に火炎
瓶を投げ込み、顔面に火傷を与えた。また吹田駅周辺においても、デモ隊が停車
中の米原発大阪行の通勤電車に飛び乗ってそこから拳銃を発砲したり、火炎瓶・
竹槍などをもって抵抗したために、警察側も応戦し、両方に多数の負傷者を出し
た。
一方、朝鮮人を含む9人の遊撃隊は、枚方市の旧陸軍枚方工廠のポンプ室に侵入
し、時限爆弾を仕掛けて爆破させた。これに呼応して、翌日朝、同市の小松正義
(旧陸軍枚方工廠払い下げの取りまとめ役)宅に火炎瓶を投げ入れて放火しよう
とした。逃走途中に警官隊に発見され、激しく抵抗したため警官隊は発砲した。
この事件での検挙者は113名であった。

・新宿駅事件(1952年6月25日)
国際平和デー閉会後、朝鮮人約3000名が新宿駅東口に到着し、駅玄関や駅前
派出所に向かって火炎瓶を投げ込んで、窓ガラスや電線等を焼失させた。そのた
め、警官隊約600名が催涙ガスを使ってデモ隊を押し返した。また、デモ隊の
一部は新宿駅7番線ホームに入って、そこにいたオーストラリア兵4名を取り囲
み、殴打・暴行を加えた。

・大須事件(1952年7月7日)
大須球場で、ソ連・中国を訪問帰国した帆足計・宮越喜助両代議士の歓迎報告会
終了後、日本共産党系の名古屋大学生に煽動された旧朝連系を含む約1000人
が無届デモを敢行した。岩井通りをデモ行進しながら、警官隊に硫酸瓶・火炎瓶
を投げ、警察放送車、民間乗用車を燃やしたり、交番詰所に火炎瓶を投げ込んだ。
そのため、遂に警官隊側が発砲する騒乱事件となった。夜になっても、騒乱の現
場から少し離れた鶴舞公園で、駐留軍軍用車を焼いたり、名古屋東税務署に火炎
瓶を投げ込んだ。その結果、デモ側は死亡1名、重軽傷者19名を出した。名古
屋地方検察庁及び名古屋市警察はこの事件を重視し、261名(その内朝連系1
45名)を検挙した。

・舞鶴事件(1952年7月8日)
6月25日、朝鮮人約180名が舞鶴飯野造船所に侵入しようとして、それを阻
止しようとした所員に怪我を負わせた事件が発生した。
7月8日にその事件の容疑者が舞鶴から綾部に逃走しようとしているのを警察が
察知し、先回りして逮捕しようとしたところ、竹槍等で抵抗したため警官が発砲
するなど大乱闘となった。双方合わせて27名の重軽傷者を出し、12名を逮捕
した。同日午後5時ごろ、朝鮮人数十人が、棍棒、石、ノコギリを持ち「逮捕者
を返せ」と舞鶴西署に押しかけ同署のガラス数十枚を破り、警官ともみあいにな
り、8名を逮捕した。

・五所川原税務署襲撃事件(1952年11月19日~26日)
1952年11月19日、仙台国税局は青森県内の警察官の協力を得て、青森県
北津軽郡板柳町周辺の朝鮮人が経営する密造酒工場を摘発し、証拠物件を押収し、
酒税法違反として45名を検挙した。そのとき、激しく妨害したので、朝鮮人7
名が公務執行妨害の現行犯で逮捕された。
これに対して朝鮮人は反発し、板柳地区警察署と五所川原税務署に連日抗議活動
を行い、26日には、約60名の朝鮮人が五所川原税務署に押しかけて署内に乱
入し、署内を占拠した。


朝鮮総連が、公安警察に監視されたり、公安調査庁の「調査対象団体」に指定さ
れているのは、過去にこれだけの「実績」があったからです。
[PR]
by sakura4987 | 2006-03-03 08:19

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987