★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆ロシア課長レイプ事件も! 外務省セクハラ処分スゴい中身

◆ 在外公館ではやりたい放題 ◆

 今年1月17日までの6年間に、外務省の男性職員10人が職場などで
のセクハラ(性的嫌がらせ)で処分を受けていたことが明らかになった。
鈴木宗男衆院議員の質問主意書に対する政府答弁書で分かったものだが、
中にはレイプまであったというからビックリだ。それも、コトに及んだの
はロシア外交を担うキャリア、欧州局ロシア課長(46)なのである。

 このレイプ事件は1月末のアサヒ芸能が報じ、宗男議員も生々しいコメ
ントを寄せている。それによると、この課長は10年前、省内のキャリア
女性を東京・千代田区の「別宅」マンションに連れ込んだ。女性は上司に
被害を訴え、「御前会議」という幹部会が招集され事情を聴かれた。被害
者も加害者も事実を認め、メモまで残されたのに表面化しなかった。

 エロ課長の“蛮行”はこれだけでなく「防衛庁に出向した際にロシア軍
情報総局(CRU)の女性通訳と親密になった」とか、「ロシア課の女性
職員を『歓迎会がある』と呼び出し『ホテルに行かないと人事で後々ヒド
イ目に遭う』と脅した」とか、スゴイのだ。

 今回処分が判明した10人中、9人が在外公館勤務だった。これじゃ日
本の外交がダメなのも分かるというもの。しかも05年度には未処分のセ
クハラ相談、苦情がまだ12件もある。外務省は「色魔殿」だ。
[PR]
by sakura4987 | 2006-03-21 12:08

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987