★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆小中で「国数理」授業増、学力低下受け…中教審部会

 (読売2/8)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060208it13.htm?from=top

 文部科学相の諮問機関、中央教育審議会の教育課程部会は8日、小・中
学校で「国語」と「算数・数学」、「理科」の授業時間増を求める審議経
過報告書案をまとめた。近く、最終決定する。

 一昨年12月に公表された国際学力調査結果で、日本の子どもたちの学
力低下が判明したことを受けた措置。

 文部科学省は今後、学習指導要領の見直しに反映させる方針で、「ゆと
り教育」の転換は「国語」と「理数」重視で進みそうだ。

 報告書案は、国語を「すべての教科の基本」、理数教育を「科学技術の
土台」と位置付け、いずれも「充実を図ることが必要」と指摘。その実現
のためには、「授業時間数についても具体的に検討する必要がある」と、
時間増を求めた。

 さらに、国語では、子どもが古典や名作に触れ、日本の言語文化に親し
んだり、自分の考えを用紙1枚程度に表現する力を身につけさせたりする
ことが不可欠と指摘。理数教育では、小数や分数の意味、エネルギーの概
念などを実生活と関連付けて理解させることが重要と訴えた。

 同部会では今後、「ゆとり教育」を象徴する「総合的な学習の時間」の
削減や小学校への英語教育導入の是非なども議論する予定で、国語と理数
の時間増については、他教科との兼ね合いを踏まえて調整する方針だ。

 文科省によると、現行の学習指導要領に定める国語の標準授業時間数は、
小・中学校9年間で計1727時間、算数・数学は1184時間、理科は
640時間。
[PR]
by sakura4987 | 2006-03-21 12:11

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987