★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆北、ミサイル凍結を破棄 日朝協議 平壌宣言を空文化

 (産経2/11)

http://www.sankei.co.jp/news/morning/11iti002.htm

 四日から八日まで北京で行われた日朝政府間協議で、北朝鮮
側が平成十四年の日朝平壌宣言に明記されている「ミサイル発
射のモラトリアム(凍結)」を破棄する意思を日本側に伝えて
いたことが十日、わかった。複数の日朝外交筋が明らかにした
。北朝鮮には、日本側の目を核・ミサイル問題に向けさせるこ
とで拉致事件をかすませるとともに、経済支援を引き出す狙い
もあるとみられる。同宣言を事実上空文化するもので、政府は
今後、より厳しい対応を迫られそうだ。

 先の日朝協議は拉致問題、国交正常化、核・ミサイル問題の
三つの議題を並行して行い、核・ミサイル問題は七日午前に協
議された。

 日朝外交筋によると、日本側は席上、核兵器と核開発計画の
一切の放棄に加え、弾道ミサイルの全面廃止を要求した。しか
し、北朝鮮側はこれを拒否するとともに「ミサイル発射のモラ
トリアムはないと思ってほしい」と通告、いつでもミサイルを
発射する用意があるとの立場を示した。

 日本側は日朝平壌宣言の履行を迫ったが、北朝鮮の態度は変
わらなかったという。

 日朝平壌宣言には「(北朝鮮は)ミサイル発射のモラトリア
ムを二〇〇三(平成十五)年以降も更に延長していく意向を表
明した」と明記しており、日本政府関係者は「北朝鮮は宣言を
破棄する意思を明確にした」と警戒感を強めている。

 拉致事件解決に背を向け続ける北朝鮮が、ミサイル問題を引
き合いに一層強硬な姿勢に出たことで、日本国内では経済制裁
などの「圧力」を求める世論が高まるのは必至だ。

 麻生太郎外相も十日の記者会見で、北朝鮮に対する「圧力」
に関し「役所(外務省)の中でこれとかあれとか案が出ている
のは確かだ」と述べた。

 北朝鮮の核・ミサイル問題については日米中などの六カ国協
議でも協議されており、北朝鮮がミサイル発射凍結を拒否する
姿勢を示したことは、協議の行方にも影響を与えそうだ。

 北朝鮮は平成十年、「テポドン1号」(射程約二五〇〇キロ
)の発射実験を行い、ミサイルの一部が日本上空を通過して太
平洋に着弾している。


◆【産経抄】 (産経2/11)

 戦略家ニクソンはガチガチのソ連を相手に、ハナから民主主義を語る気
はなかった。聞く耳を持たない相手に、言葉を尽くしても無駄との判断だ。
ニクソンの狙いはただ一つ。ソ連の一般家庭にないテレビや洗濯機を並べ、
物質文明のすごさを見せつけることだ。

 一九五九年の訪ソで、米国の副大統領ニクソンが仕組んだ対ソ宣伝戦だ。
モデルハウスに浴室が二室、台所には皿洗い機と乾燥機を置いた。ソ連指
導者のフルシチョフは「馬鹿げたカラクリをほしがるものか」と切歯扼腕
した。(『もうひとつの愛を哲学する』)

 延べ二十時間に及んだ日朝協議を眺めれば、「ニクソン流」が妙手かも
しれない。拉致事件さえシラを切った北朝鮮だ。拉致犯の辛光洙容疑者は
「国家的英雄」などと天地が逆転している。聞く耳を持たぬ国には、あの
手この手で崩してやろう。

 米国が強硬策をとる間は決まって日本にすり寄るポーズをとる。日本が
拉致事件で押すと、日本の植民地支配を出して相殺する。辛容疑者の引き
渡し要求には、脱北者支援のNGO関係者の引き渡し要求で押し返す。あ
きれるとはこのことだ。

 まずいのは犯罪に対する甘い政治決着だ。古くはハイジャック犯を「人
命は地球より重い」と逃した首相がいた。韓国の介入で起きた金大中事件
を「パーにしよう」と捜査中止の角栄流がある。娘の外相も不法入国の金
正日総書記の長男、正男を「追い出しなさい」だった。これでは北に足元
を見られる。

 違法行為には断固たる対処しかない。拉致被害者の奪還のための経済制
裁は当然入る。北向けの短波放送、携帯電話に日本情報を送りつける。国
連は人権委ではなく総会で論じてやろう。もっとあの手この手はないか。
[PR]
by sakura4987 | 2006-03-21 12:21

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987