★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆東シナ海ガス田 波紋呼ぶ対中配慮 二階氏、強硬・麻生氏を批判

 (産経 06/3/21)

http://www.sankei.co.jp/news/060321/sei030.htm

 東シナ海の石油ガス田開発問題に関する二階俊博経済産業相の発言が20日、政府・与党内に波紋を広げた。対抗措置として試掘をほのめかす麻生太郎外相を19日の民放番組で批判した二階氏は、協議継続を強く主張しているが、政府・与党内からは中国側に配慮し過ぎではないかとの声が上がっている。

 安倍晋三官房長官は20日の記者会見で、二階氏が麻生氏を批判したことについて「外務省と経済産業省でしっかりと協議を行い、交渉をしてきた。2人の大臣の声はある意味でハーモニーになっているので、よく中国側も受け止めてもらいたい」と述べた。

 二階氏は「指折りの親中派」(与党幹部)として知られ、今年2月の訪中で温家宝首相と会談し、昨年秋以降中断していたガス田開発に関する局長級協議の再開にこぎつけた。

 しかし、中国は今月6、7の両日に行われた協議で、わが国固有の領土である尖閣諸島付近や日中中間線より日本側にある日韓大陸棚共同開発区域での共同開発を逆提案した。「親中派として中国に乗り込んだはずの二階氏だったが、顔に泥を塗られた」(日中関係筋)という状況だ。

 政府内には「麻生氏が試掘に踏み切る可能性を唱え、二階氏がそれを打ち消すという役割分担ができればいい。中国への牽制(けんせい)になる」(政府関係者)と肯定的にとらえる声もある。

 ただ二階氏は、中国がガス田の共同開発を尖閣諸島の領有権問題にすり替えるかのような提案をしてきた後も対話優先を掲げていることから、外務省内には「二階氏は先の訪中で、試掘はしないととられかねない言質を中国に与えてしまったのではないか」(幹部)との疑念さえ出ている。



◆二階俊博 事務所住所 

〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
               第2衆議院会館223号室

電話:03-3508-7023(直通)
FAX:03-3502-5037

〒644-0003 和歌山県御坊市島440-1
        
電話:0738-23-0123
FAX:0738-22-1001

メール:n20055@nikai.jp



◆経済産業省
〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
TEL:03-3501-1511(代表)(平日18時まで)

ご意見・お問い合わせE-mailアドレス
webmaster@meti.go.jp

◆大 臣  二階 俊博
直通電話 03-3501-1601
FAX  03-3501-6589

◆副大臣  西野 あきら・松  あきら(直通電話は、どちらかわかりません)
直通電話 03-3501-1603
直通電話 03-3501-1604
FAX  03-3580-6289(両方共有)

◆大臣政務官  片山 さつき・小林  温
直通電話 03-3501-1221
直通電話 03-3501-1222
FAX  03-3501-1223(両方共有)

◆事務次官  杉山 秀二
直通電話 03-3501-1605
FAX  03-3580-4041

◆経済産業審議官 日下 一正
直通電話 03-3501-1017
FAX  03-3580-3039

◆官房長  鈴木 隆史
直通電話 03-3501-1606
FAX  03-3580-4041


◆大臣・副大臣・大臣政務官
http://www.meti.go.jp/intro/minister/index.html

◆大臣・次官・審議官
http://www.meti.go.jp/intro/data/akanbu01j.html

◆大臣官房
http://www.meti.go.jp/intro/data/akanbu02j.html
[PR]
by sakura4987 | 2006-03-26 09:55

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987