★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆05年度の対中円借款、年度内の新規決定見送りへ

 (読売 06・3・23)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060323it04.htm?from=top

 政府は23日、2005年度の対中円借款について、新規供与分の年度内の決定を見送ることを決めた。

 塩崎恭久外務副大臣が同日の自民党外交関係合同会議で明らかにした。

 対中円借款は例年、年度末に新年度以降に実施する分を閣議決定している。しかし、今年度は、小泉首相の靖国神社参拝問題や東シナ海のガス田開発などを巡り、日中関係がぎくしゃくしているため、自民党内から「供与決定は慎重にするべきだ」という声が強まっていた。

 外務省によると、対中円借款の決定が年度をまたいだのは、過去、1979年度分がずれ込んだ例があるのみで、異例という。

 外務省筋は23日、「今、自民党内で決定できる雰囲気ではない。新年度に改めて協議するが、ガス田協議などでの中国側の対応などを見ながら決めていくことになるのではないか」と語った。

 塩崎副大臣は同日の記者会見で、「資金が先方にいくのは1、2年先なので、(決定先送りによる)大きな影響はない。与党内には日中間の様々な問題について様々な意見があり、(決定には)日中双方の努力が必要だ」と述べた。

 政府は対中円借款について、中国が急激な経済成長により、開発資金を自力調達できると判断し、北京五輪が開かれる2008年度をメドに、新規供与を終了する方針を、昨年3月に決定している。
[PR]
by sakura4987 | 2006-03-26 10:06

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987