★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆古森義久:日の丸油田開発の夢、またもや頓挫か?

 (日経BP 06・3・24)

http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/flash/425713

 イランの石油というのは日本にとっていつの時代でも鬼門のようだ。日本が官民一体で開発を始めたイランのアザデガン油田の事業の停止を求める圧力がアメリカからかけられてきたのだ。アメリカというよりも米欧諸国からの圧力と呼んだほうがよい。圧力の理由はイランの核兵器開発への動きである。

 日本は過去にもイランの石油がらみで手痛い目にあってきた。私自身もその一端を目撃した。


■イランへの利敵行為を絶対に赦さない米国

 1979年11月、イランでイスラム原理派の革命が進み、過激派学生が首都テヘランのアメリカ大使館を占拠して、アメリカ人外交官ら約50人を拘束してしまった。その外交官たちを人質にしてアメリカ政府に要求をつぎつぎに突きつけた。

 アメリカの時のカーター政権は必死で応じたものの、進展はない。カーター大統領はイランに対し石油をはじめ一切の物資を輸出入することを止める禁輸措置をとった。圧力をかけ、人質を解放させる目的だった。禁輸の結果、アメリカに売られるはずだったイラクの原油が大量に宙に浮いた。

 一方、アメリカ議会でもイランと経済取引をする外国の政府や企業にはアメリカとの取引を禁ずるという厳しい制裁措置をとる一連の法案がつぎつぎに出された。上下両院にイラン糾弾の声が広がり、まず国際的な連帯によりイランを経済面で締めつけようという意見が多数派となった。

 そんな状況下での禁輸で宙に浮いたイラン産原油を日本の商社など大手企業数社がさっと買ってしまったのだ。2000万バーレルという大量だった。本来はアメリカに輸出されるはずの原油をしかも正規の市場ではないスポット市場で買っていた。アメリカ側には日本の行動を利敵行為として非難する声が一気に広まった。

 私はそのころ毎日新聞の特派員としてワシントンに駐在していた。そしてそれまではわりによかったアメリカ側の対日態度が文字どおり一夜にして悪化する状況をまのあたりに目撃したのだった。

 「アメリカの敵を助ける背信行為」「「同盟国への裏切り」「イランのテロ勢力を支援する無神経」などなど、日本のこの商業行動を攻撃する声がアメリカ側の政府、議会だけでなくマスコミから一般世論まで一気に燃え上がったのである。

 その勢いには慄然とさせられた。日本にとっての石油の必要性への同情など皆無だった。日本の時の大平正芳政権はひたすら釈明と謝罪に出たが、いったん爆発した米側の反日感情はなかなかもとにもどらず、結局この事件で傷ついた日米関係の完全な修復にはその後、何年もかかることとなった。
[PR]
by sakura4987 | 2006-03-26 10:09

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987