★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆中国国防相、5年6か月ぶり訪朝へ

 (読売 06・4・2)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060402i313.htm?from=main3

北朝鮮の核問題
 
 北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、中国の曹剛川国防相が近く北朝鮮を訪問すると報じた。中国国防相の訪朝は2000年10月の遅浩田国防相以来、約5年6か月ぶりとなる。

 曹国防相は、金鎰チョル(キム・イルチョル)人民武力相らと会談し、中朝両国の軍事協力関係の強化などを確認する見通し。(チョルは「吉」を左右に並べる)

 20日には米ホワイトハウスでブッシュ大統領と胡錦濤国家主席の米中首脳会談が予定されるため、曹国防相は、米朝関係や、核問題をめぐる6か国協議の再開問題などについても意見交換するとみられる。

 前回の遅国防相訪朝は中国の朝鮮戦争参戦50周年に合わせて行われ、この時は金正日総書記とも会談した。04年7月には金人民武力相が訪中し、曹国防相と会談した。


◆在韓米軍前司令官 「北朝鮮、核3-6個ある」

 三日付の韓国紙、中央日報によると、在韓米軍のラポート前司令官は同紙のインタビューで「北朝鮮は三個から六個の核兵器を持っている」と指摘。「(これらは)一九九四年の米朝枠組み合意以前に製造されたもので、さらに増えている」と述べ、北朝鮮の脅威は減っていないとの見方を示した。

 同紙によると、ラポート前司令官は「北朝鮮は日本まで届くミサイルを保有している」とした上で「韓国内での『(北朝鮮の)脅威はなくなった』との主張には同意しない」と朝鮮半島の戦力維持の必要性を強調した。
[PR]
by sakura4987 | 2006-04-05 12:40

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987