★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆【韓国】学生たちの10人中3人が精神障害者で現れた。

ニュースen(韓国語)(2006-04-08 09:31)

http://www.newsen.co.kr/news_view.html?news_uid=48707

これはソウル市小児青少年精神保健センターでソウル市内小,中,高校19ヶ学校の父兄,学生2,700人余りを対象に疫学調査を実施した衝撃的結果だ。

11日午後11時5分放送されるMBC ‘PD手帳’では‘衝撃見て,うちの子10人中3人が精神障害(仮題)’を放送して,小児精神障害の実態を調べてみるために25.7%という少なくない比率中に含まれている子供たちを探して,2ヶ月間密着取材した。

4月末公式発表前ソウル大病院から‘PD手帳’が優先的に提供されたこの疫学調査で2,700人余り中刺激駅(反応を起こすことができる最小の刺激)を含んだ時,最小1ヶ以上診断された患者数が955人,疾患が最小1ヶ以上重複診断された患者数は445人で集計された。 特定恐怖症を含んだ不安障害と気分障害が各々25.1%,4%を占めたし,注意力欠乏過剰行動障害,敵対的反抗障害,品行障害を含んだ行動障害が684人で全体の25.7%を占めた。

うちの子ら,なぜこのざまか?

善美(ヨ,9才)はカバンで始終一貫兄さんを攻撃しても画家解けないのか大声を出す。 もう9才になった女の子の姿だとミッキョジジしないほど興奮が静まらない姿が涼しい。 何がそんなにこらえることができないのか自身の誤りを指摘するママにもかっとかっと大声を出して,過ぎ行く人々が立ち止まって見つめても関わらない。

精神病棟で過ごしているさざえ(ヨ,10才)は久しぶりにおばあさんと向かい合って座った。 おばあさんはさざえが好むのりまきを作ってくるや通常の同じ年頃子供たちのようにニコニコ可愛く笑う。 ところでおばあさんがさざえが履いている履き物が古かったとし,普段履物はくクセを指摘するやかんしゃくを耐えられなくて,すぐおばあさんに足蹴りをしながら悪口を口にする。 十才子供の口を見ながら,取材陣は耳を疑う。

”ママ,私はどうしたの?”詳明(男(他人),14才)がお母さんの前で涙を落とし込みながら,した話という。 授業時間にいきなり先生言葉に割り込んだりして学期が始めてから10日もまだならなくていじめにあっているという。 彼は最近になってしばしば‘死にたくて,死にたくて’という話をして,お母さんは悲嘆に暮れる。

民具(男(他人),7才)の外叔母は今日も幼稚園車が停車する所で民具を待つ。 待って手を必ず捕まえて家に戻らなければ民具をなくすためだ。 一人で始終一貫歩き回る孫を耐えられることも出来ないおばあさんはやむを得ず孫の腰の周りをゴムひもで縛って,門の取っ手に掲げなければならなかったという。 彼さえもはさみで切って消えたという民具は道ではいつも飛び回って,しばしばケガすることさえする。 まだ精神と診断を受けてみることも出来ない民具を連れてソウル大病院で心理テストをしてみたが民具は心理テストさえできない状態というものが専門家の所見だった。

いったいこの子供たちはなぜこういう痛みを体験することであろうか。 取材陣はPET-CTという装備でこの子供たちの脳を撮影してみた。 ADHD子供の場合必ず脳写真で判別する訳には行かないが詳明の場合で前前頭葉の部分が同じ年頃子供たちより活性化することができないことを目で確認することができた。

オルタナティブ学校で行く子供たち.

疫学調査結果小学校学生の約15%がADHD患者で現れた。 1クラスに4,6人格好で相当数が違う症状を複合的に持っていた。 だがソウル市を含んだ5ヶ広域市の小学校200余ヶ所電話質問をして,みた結果,学校先生らは‘注意力欠乏過剰行動障害(ADHD)’自体を分からない人が106人であったし60人以上半分にそのような子供がないと答えた。

すでに‘注意力欠乏過剰行動障害(ADHD)’を知っていたと答えた先生らも大部分1クラスにそのような子供がなかったり1人ないし2人程度あると答えた。

各事例別子供たちの担任先生一人一人やはり違った。 ‘注意力欠乏過剰行動障害(ADHD)’が何か子供を通して勉強して治療を受けられるように地方区センターを紹介する方があるかと思えば他の子供に被害が及ぶと特殊学校に送らなければならないという意見を用心深く映る先生もいた。

一般学校を通ってオルタナティブ学校に行った‘注意力欠乏過剰行動障害(ADHD)ウォン'患者のトヨンとウジョンは口をそろえて,定形化されたことだけ要求して,自身を理解してくれることができない教育現実に疲れたといった。

専門家たちは7才以前年齢が幼いほど治療効果が大きいとし,早期治療の重要性を強調した。 ‘注意力欠乏過剰行動障害(ADHD)’と‘敵対的反抗障害’の2次兆候で品行障害,非行青少年になるようにする環境的要因になり得るということだ。

‘PD手帳’では私達の子供たちの精神的障害に対して診断してみて解決方案はないのか照明してみる。
[PR]
by sakura4987 | 2006-04-09 12:14

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987