★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆内閣に創価学会のスパイ



 内閣にカルトのスパイがいる。

 内容は、「内閣情報調査室に創価学会員がいることが発覚し、飯島秘書官が犯人探しに躍起になっている」 というものである。要するに、フランスでカルト指定されている創価学会員が、内閣の情報をつかさどる部署にいるという、きわめて危険な話なのだ。

 内閣情報調査室とは、日本の情報機関のひとつであり、トップは「内閣情報官」である。ちなみに今の情報官の「兼元」は、オヤジの代までは「金本」と名乗っていた朝鮮帰化系であり、さらに、先日の中国大使館員自殺事件(スパイ関連)の情報を小泉に上げなかったというとんでもない人間がついている。

http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jyouhoutyousa.html

 本サイトが独自に調査した結果、創価学会員といわれる人間は、内閣情報調査室の中でも、「内閣衛星情報センター」という、市ヶ谷に本拠を持つスパイ衛星の管理をしている部署にいるという。

http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/message11/akune.01.html

 いくらなんでも、そんな重要な部署にいる人間が、北朝鮮との関係も強い創価学会では洒落にならない。データ漏れ放題といっていいだろう。

 もともと、日本の官僚には学会員が多いし、今では警察、自衛隊、検察、外務省などの重要部署にワンサカいるくらいだ。しかし今までは、「内閣情報調査室と公安調査庁には創価はいない」とされてきた。それが崩れたために大騒ぎしているのである。

 飯島秘書官は決して日本のためになるいい人だとは思っていないが、本件については必ずや犯人を探し出すものと思っている。なぜなら、国益が脅かされる要因はすべて排除するのが国家情報政策の基本であるし、現政権にとっては権益を守ることにもなるのだから。
[PR]
by sakura4987 | 2006-04-15 11:13

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987