★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆イーストウッド「日本の気持ち」描く…製作会見

 (夕刊フジ 06・4・28)

http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFF320060428031/

 制作・スティーブン・スピルバーグ(59)、監督・クリント・イーストウッド(75)という豪華布陣で太平洋戦争を日米それぞれの視点から描く映画「硫黄島からの手紙」と「父親たちの星条旗」。

 28日、都内で開かれた製作会見に、イーストウッドはじめ、硫黄島で日本軍を指揮した栗林忠道中将を演じた渡辺謙(46)らが登場した。

 イーストウッドは「これは戦争にどっちが勝った、負けたという映画ではない。若い人たちが戦争によって人生を中断され、そして命を奪われた。その戦争がどんなもので、戦地はいかなるところで、その結果、何があったのか-を描いている」と語り、「日本兵は帰れないのを覚悟して戦地に赴いた。そのとき彼らは、どんな気持ちだったのか、それを何とか感じようと勉強した」と明かした。

 渡辺も、イーストウッドとの仕事に感慨無量の面持ちで、「ハリウッドで、アメリカのスタッフとともに日本の気持ちを作りあげるのは、おもしろく、そして、不思議な体験だった」と感想を述べた。

 「父親たち-」は10月、「硫黄島から-」は12月にそれぞれ公開。


■父親たちの星条旗
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=7038

■硫黄島からの手紙
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=6504
[PR]
by sakura4987 | 2006-04-30 10:33

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987