★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆韓国政府が米特使に抗議の論評、北朝鮮人権めぐり対立

 (日経 06・5・1)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060501AT2M0101201052006.html

 北朝鮮での人権問題をめぐる米韓両政府の対立が浮き彫りになってきた。

 韓国統一省は先月30日、「監視をしない北朝鮮支援が(金正日)体制の維持に手を貸してきた」と指摘した米国のレフコウィッツ北朝鮮人権担当特使への抗議の論評を発表した。

 ただ韓国でも北朝鮮の人権問題の改善を促すよう韓国政府に求める声が出ている。

 問題の発端となったのは米ウォールストリート・ジャーナル紙に掲載されたレフコウィッツ特使の寄稿文。

 北朝鮮には個人の人権が存在せず、南北交流事業である開城工業団地事業でも労働搾取がなされている可能性が大きいと指摘した。

 韓国統一省は「(特使は)人権を主張しながら事実上北朝鮮住民の厳しい状況に顔を背けている」とし、「反人道的、反人権的な態度だ」と批判。

 北朝鮮の人権弾圧は「対話や支援・交流をテコに北朝鮮の生活を底上げしながら解決していく」というのが盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の立場だ。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-03 11:15

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987