★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆[調査会NEWS 362](18.4.26)

http://chosa-kai.jp/cyosakainews/kongetunews/news060426.TXT

■訪米報告                                                      
                         真鍋貞樹

(前半部分は省略)


※特記事項

 古川了子さんの拉致認定を求める訴訟において、政府側は終始
「拉致被害者家族と特定失踪者家族は差別的な扱いをしていない」
という表明を繰り返している。

 しかし、今回の訪米においても「差別的取扱い」が顕著に現れた。それは、家族会のメンバーには、内閣府拉致問題連絡調整室の室長ならびに室員が同行し、全ての日程の調整を行っている。

 例えば、在米日本大使との懇談、下院公聴会への同席などについては、家族会のメンバーは全て政府の調整によって参加することになっている。

 しかし、訪米した特定失踪者のご家族には政府からなんらの連絡も調整も行われていないことが判明したのである。しかも、今回訪米した特定失踪者のご家族は、外務省が北朝鮮に対してリストを渡した大澤孝司さんと山本美保さんのご家族である。

 今回の22日のイベントの主催団体代表は、特定失踪者のご家族であり、そのイベントに家族会のメンバーが参加したものである。こうした特定失踪者のご家族の努力に対して、政府側はなんらの考慮も払っていなかったわけである。

これまで、特定失踪者問題調査会からは政府に対してこうした「差別的取扱い」を改めていくように、再三にわたり裁判や要請活動において求めてきたものである。

 特に今回、在米日本大使に対して特定失踪者の問題を訴える場も用意されなかったという事態は、政府が特定失踪者家族を「差別的取扱い」をしているなによりも証左となる。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-05 15:57

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987