★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆駐韓米大使「北に対する観点を改めるべき時が来た」

 (朝鮮日報 06・5・7)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/05/07/20060507000001.html

 アレクサンダー・バーシュボウ駐韓米国大使は4日、米国も南北関係について理解する方向に転換し、北朝鮮に対する観点を改める時がきたと発言した。

 バーシュボウ大使はこの日、ロサンゼルス市内の韓国教育院で開かれた「韓米関係の今とこれから - 両国大使に聞く」と題した講演に?泰植(イ・テシク)駐米韓国大使とともに出席し、このように発言した。

 バーシュボウ大使は「韓国の状況の変化に合わせ、米国も北朝鮮に対する観点を改めるべき時が来たが、それは南北関係を理解する方向でなければならず、米朝が協力できるよう、南北双方にとってプラスになる方向を模索しなければならない」と述べた。

 さらに続けて「韓国から多くの留学生が米国にやって来るが、米国政府は現在、韓国人留学生へのビザの免除を最優先課題の一つとして推進している」とした。

 李泰植大使はビザ免除問題について「ビザ免除を韓米FTA(自由貿易協定)に含める方向で推進している。解決しなければならない課題として、3%水準で推移しているビザ発給申請の韓国国内での拒否率をビザ免除実現の条件である3%以下に抑えること、同じく20%にもなるカナダ・バンクーバーでの拒否率の改善、最新技術を活用したパスポートの開発などがあるが、来年頃には実現するとみている」と述べた。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-08 11:48

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987