★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆堀江氏発言 産経を支配するって?


少し考えて言ったらどうか  平成17年2月18日(金) 産経新聞

 インターネット関連企業、ライブドア(堀江貴文社長)が放送事業を傘下に収めようとしてニッポン放送の筆頭株主に突如浮上した。

 堀江氏はニッポン放送にとどまらずフジサンケイグループに関心を寄せているが、新聞ジャーナリズムについて語ることは稀(まれ)であった。それが朝日新聞社発行の週刊誌AERA二月二十一日号「堀江フジサンケイ支配」と題した特集記事で、具体的な新聞づくり構想に言及している。

 これを機に産経新聞の考えを一応、言っておきたい。

≪見えない哲学と使命感≫

 いうまでもなく産経新聞は「正論路線」に立脚している。これは冷戦時代のさなかに策定された「産経信条」(昭和四十五年)の「民主主義と自由のためにたたかう」にもとづき、西側陣営にたって、社会主義国のイデオロギーや軍拡路線、非人間性を批判してきた路線を指す。

 冷戦は西側陣営の勝利に終わり、日本の言論の中でも「モノをいう新聞」としての産経新聞のもつ重みは増してきていると認識しこそすれ、これを修正するつもりはない。

 しかるに堀江氏はAERA誌で「あのグループにオピニオンは異色でしょ。芸能やスポーツに強いイメージがあるので芸能エンタメ(注=娯楽)系を強化した方がいいですよ」と語り、編集部も堀江氏は正論路線にあまりお金はかけたくないという、との解説を付記している。

 さらには「新聞がワーワーいったり、新しい教科書をつくったりしても、世の中変わりませんよ」と語る堀江氏の発言を「氏特有の冷めたメディア観」とたたえてもいる。しかし、この特集記事にあふれていたのは「エンタメ」「金融・経済情報」といった類の言葉ばかりで、新聞づくりの理念はうかがいしれなかった。

 経済合理性の観点からメディア戦略を構築しようとしているだけで、言論・報道機関を言論性でなく、むしろそうした色あいをできるだけ薄めた情報娯楽産業としかみていないのは驚くべきことといわなければならない。

 マスメディアは、国民の「知る権利」の担い手である。民主主義社会を支える役割があり、国のあり方にも大きな影響を及ぼす。だからこそ、報道・論評の自由を有している。

 そして、その自由を守るために、そこに属する人間は、責任の自覚と自らを厳しく律する精神が求められる。経済合理性では割り切れぬ判断を迫られる場面もある。

 堀江氏の発言からメディア集団に深くかかわることへの気概や、責任の重さに対する、ある種の畏(おそ)れが感じられなかったのは残念である。

≪一般事業とは違う責任≫

 「正論路線」の否定は産経新聞が果たしてきた憲法改正論や、また中国報道や歴史観の歪(ゆが)みの是正、あるいは北朝鮮による拉致事件報道に対する挑戦である。これらは二十年、三十年単位で積み重ねてきた結晶であって、「あのグループにオピニオンは異色でしょ」の一言で一蹴(いっしゅう)されていいものではあるまい。

 同時に路線の否定は大型コラム「正論」の百八十人におよぶ執筆陣にたいする冒涜(ぼうとく)でもある。

 堀江氏はこれらにどう答えるのであろうか。

 氏が「エンタメ新聞」を発行したいのなら、豊富にあるという資金を注ぎ込んで新たに発刊すればいいだけのことではないか。なにも産経新聞に乗りこんで路線を変更させて、成就するという乱暴きわまりない構想を打ち上げる必要はないし、読者も正論執筆陣の知識人も、そして歴史もそれを許さないであろう。

 堀江氏は電波媒体を買収してグループ内の新聞まで支配したいという野望なのだろうが、電波というのは公共財であり、しかも無限ではない。この限りある資源を適切に使うため、国が限られた事業者に免許を与え、割り当てている。それが放送事業である。

 したがって、利益をあげることが最大の目的である一般事業会社とは当然異なり、より大きな公益性と社会的責任が伴う。

 それだけの資格があるのかどうか、静かに自らに問うてほしい。

◆◆◆ 【産経抄】 平成17年2月19日(土) 産経新聞 ◆◆◆

 ライブドアの堀江貴文社長が語った産経新聞「改造計画」への批判は、きのうの本紙主張の通りだが、一記者としても考えを述べておきたい。
 
 「新聞がワーワーいったり、新しい教科書を作ったりしても、世の中変わりません」などと語っていることが座視できないからだ。氏は芸能エンタメを強化し、経済紙にするとも述べている。正論路線に立脚し、政治、国際、社会、生活面もあるいまの産経新聞は不要と言いたいようである。

  だが、新聞発行の理念は語らない。そのかわり、こう言っている。「僕の目標は最初からひとつです。ライブドアを世界一の会社にする。ただそれだけ。うちの時価総額は今、約三千億円。追い越せ四兆円のヤフー、ですよ」。これでは、ただのマネーゲームの論理ではないのか。

  記者になりたてのころ、先輩に、いつも質(ただ)された。この出来事はどういう意味があるのか。これによって何が変わるのか。このコメントの裏の意味は何か。答えられず、何度も取材先に問い合わせているうちに怖くなった。世の中は自分の知らないことだらけだ。謙虚であれと堀江氏にも教えたい。

  新聞は人間の営みの縮図だと思う。世界を視野に国の姿を問いながら政治を、経済を、教育を論じる一方で、スポーツに熱くなり、文化に心を巡らせる。人の哀歓やドラマ、人間として、日本人として大事にしなくてはならないものが浮かび上がる。だから、活字を追うのが楽しくもなる。

  産経新聞の先輩である司馬遼太郎さんは「生まれ変わっても新聞記者になりたい。新聞記者は社会のためになることさえ考えていればいい」と、話したことがある。薄っぺらな金儲(もう)けマニュアルなど、読者に対する侮辱だし、作ろうとは思わない。

※マスコミについては、現実に、新聞にしろ週刊誌にしろそれを出版出来るところは、ほんの一握りだし、また、本を出せるところも、テレビ局を持っているところも、ほんの一握りだ。

結局、「言論・出版の自由」といっても、現在、ごく一握りの人たちによって、この手段は支配され、独占されている。あるいは寡占と言ってもいいのだが、事実上、独占状態にある。

その状態の中で、「言論の自由」という錦の御旗を振りかざし、政治家の首を切り、総理大臣の首をすげ替え、歴史を改竄するするなど、やりたい放題にやって来たのが、一般に言うマスコミの実態であり、現実には、マスコミ的職業に就いた場合には、非常に有利な立場にあり、職業選択によって、「法の下の平等」はすでに破られている。

その中にあって、「責任ある自由」であり、道徳律のもとになければならない、「言論の自由」を本当の意味において実践し、公共の福祉を守ろうとし続けてきたのは、産経新聞をはじめとする、一部マスコミであった。

堀江社長の発言を知ったのは、「アエラ」発売の前日だったが、それまで高みの見物的気持ちでこの買収劇を見ていたのが、一転して自分の事の様に緊迫した時間に変わって行った。

確かに、マスコミ社会を変え、新しい風を起こすことは、現在の堕落し切ったテレビ番組を見ても分かるとおり、非常に大賛成なのだが、その白羽の矢を「産経新聞」に向けられると、ちょっと待て、と言いたくなる。

ある意味、現在の日本を支えているのは、「産経新聞」だと言ってもいいくらいに貴重な存在である、この新聞や「正論」を止めてしまおうという堀江社長には、年齢に関係なく失望したし、今後一切期待しない事にした。

いくらお金があっても、理想なき人間にはなりたくないものだという、典型を見た気がする。お金というものは、ある意味、いかに稼ぐかというよりも、いかに使うかという事の方が大事だと思う。

お金はたくさんある方が、影響力は確かに大きいし、周りを変えていける力を持ってはいるが、その方向性こそが問題だと思う。せっかく大きなお金を持てたのだから、そのあたりの理念をしっかり勉強してからお金を使えばいいのにと、少し残念に思う。

ためしに、「朝日新聞」を買収したいと宣言してみると、そのあたりがよくわかるだろう。国民の多くがもろ手を挙げて賛成するし、今とは逆に、その買収劇に参加してくるだろう。今の国民の反応が、若さへの嫉妬や金持ちに対する嫉妬ではないことが良くわかると思う。

今回の買収については、政治家や良識ある人を反対に回してしまったが、多分、自民党を中心として、何でもありの阻止行動が行われるだろう。何で自分だけと思われるかもしれないが、これこそ「日本人の逆鱗に触れた」ということになるのだろう。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-08 12:16

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987