★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「強い軍があれば、外圧をはね返せる」 露大統領、大国構築を宣言



(産経 06・5・11)

10日、クレムリンで年次教書演説を行うプーチン大統領(AP) 

 【モスクワ=内藤泰朗】ロシアのプーチン大統領は十日、クレムリンで二〇〇六年の年次教書演説を行い、ロシアが今後、国益の追求と世界の安定のため、近代的な軍事大国建設に向けて邁進(まいしん)すると宣言した。大統領は、好調な経済を背景に、軍事予算のさらなる増大を約束。演説では所々で、軍事超大国の米国に対抗する姿勢が強く浮き彫りにされた。

 大統領は「オオカミは誰を食うか、相談をしてはくれない」と述べ、国際政治では軍事力がものを言う現実があると強調。「強い軍があれば、外圧をはね返せる」とも述べ、ロシア軍の近代化を急ぐ姿勢を打ち出した。

 その中で、最新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「ブラワ」を搭載し、ソ連崩壊後初めて配備される戦略原子力潜水艦二隻と、移動型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「トーポリM」を中心とした最新の核抑止戦力の強化を挙げた。

 そのうえで、問題が指摘されている徴兵制から志願制への移行など軍の機構改革を進めるとともに、機動力と緊急展開能力を備えた部隊を整備し、「同時にいくつかの地域紛争と、大きな戦争を戦える軍」の構築に全力を挙げると述べた。

 軍改革の後ろ盾となる国防予算について、ロシアは、国内総生産(GDP)比で英国やフランスとほぼ同規模であるものの、「米国はロシアの二十五倍に当たる」とも指摘。軍事大国化のために「予算は増やすが、(米ソ両国の軍拡競争で巨大な国防予算に押しつぶされた)ソ連の過ちは繰り返さない」とも語った。

 大統領はさらに、ロシアの世界貿易機構(WTO)加盟を妨げる米国を批判するなど、対抗意識を示しながらも、国連中心主義や各国との協調主義を訴えた。

 ロシアは、高騰する石油など豊富なエネルギー資源の輸出が好調で、経済外交で自信を深めており、新たな「軍事大国」建設を鮮明に打ち出すことで、「強国」再興戦略の柱とする狙いがあるものとみられる。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-12 12:59

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987