★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆関係者の討論会に安倍氏だけ出席 NHK改変問題


平成17年2月5日(土)産経新聞

 慰安婦などを扱ったNHK番組が安倍晋三自民党幹事長代理と中川昭一経済産業相から政治圧力を受けて内容が改変させられたと朝日新聞が報じた問題をめぐり、「NHK番組『改変』報道の真実を求める会」(屋山太郎・発起人代表)の討論会が四日、東京都内で開かれた。しかし、関係者は安倍氏以外出席せず、討論は成立しなかった。

 会が出席を要請していたのは安倍氏のほか中川氏、NHKの長井暁チーフプロデューサーと松尾武元放送総局長、朝日新聞の当該記事を取材した記者二人の計六人。

 安倍氏は「きちんと議論がしたかった。(長井氏と朝日記者が)議論に応じようとしないのは卑(ひ)怯(きよう)だ」と批判。公務で時間がとれず欠席した中川氏は(1)NHK職員を呼びつけたのではない(2)職員との面会日は放送の三日後(3)面会者に松尾氏は含まれない(4)圧力をかけていない-と従来の反論を入れたメッセージを寄せた。

■安倍氏、朝日に6回目通知書

 自民党の安倍晋三幹事長代理は四日、NHK番組改変問題をめぐり、朝日新聞社に報道の根拠などの提示を求める六回目の通知書を送った。通知書は「NHK元幹部に対する取材内容を無断録音したのではないか」として、録音の有無などを明らかにするよう求めている。また、NHKの番組担当だったチーフプロデューサーに対して、記者会見での発言内容の根拠を示すことを要求する通知書も送付した。





※やはり日が当たるところには、出てこれないらしい。メッセージも寄せなかったそうだから、恥も外聞もないのだろう。自分たちがいかに卑怯なことをしているかを良く知っている。自分の良心は騙せないものだ。 

昨日は東大に対しても相当抗議が行ったようだ。戦後直後より、朝鮮総連などの執拗な抗議で、我が国のマスコミや政治などが偏向していったことを考えると、今度は良識ある国民の出番だ。 

昨年から始まったブロッカーの活躍で、マスコミより情報が早くなってきたし、今まで隠されていたことが白日の下にさらされだした事は、我が国にとっては本当に良いことであり、一種の革命がおきつつあるのかもしれない。

我々の抗議に関して、冷静にご意見をいただくときもあり感謝しているが、日本の大変革のためには、今はその歯車を回し始めるときなので、勢いをつける必要があると思い、少々無茶をするときもある事をご理解願いたい。 

しかし何でもそうだが、最初の歯車が回り始めると、その車輪は自然自然に回っていくものなので、今この時期に車輪を回す役目をしている方々は、本当に使命を持った人たちではないかと思っている。 

使命とは、「命を使わされた人」という意味である。自分に命を使わしたのが誰で、何のために命をいただいたのか、お互いよく噛み締めて、この勢いに乗り遅れることなく、これからもいっそう奮励していこう! 
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-13 10:56

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987