★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆中学歴史教科書 検定審に一坪反戦地主


文科省「中立性必要」  平成17年4月12日(火) 産経新聞

 中学歴史教科書の検定を担当した教科用図書検定調査審議会(検定審)委員の天児慧(あまこ・さとし)早稲田大教授が、沖縄の米軍基地に反対する「一坪反戦地主」であることが十一日分かった。天児氏は「所有権を返還したいが、団体側が許可してくれない」と弁明しているが、検定審委員の人選のあり方をめぐって論議を呼びそうだ。

 一坪反戦地主は、米軍基地用地の賃貸拒否を続ける「反戦地主」を支援し、強制使用手続きを複雑にするために集団で土地を共有する運動。

 天児氏は米軍嘉手納飛行場の滑走路上の一四一五・六平方メートルの共有地に持ち分を所有している。

 防衛施設庁によると、この土地の共有者は二月現在で千二百四十九人。公安当局によると、この中には中核派などの多数の過激派活動家や、警察官三人が死亡した昭和四十六年の成田・東峰十字路事件で有罪が確定した人物も含まれている。

 天児氏は五十七年から平成二年まで琉球大助教授を務めた後、青山学院大教授などを経て十四年から早大大学院アジア太平洋研究科教授。主な著書に『中華人民共和国史』『中国は脅威か』などがある。

 現在、検定審の社会科部会歴史小委員会の委員で、五日に結果が発表された中学歴史教科書の検定を担当した。

 天児氏をめぐっては、検定結果を報じた六日付朝日新聞が検定審委員と断らずに識者談話に起用し、新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の歴史教科書を批判。中山成彬文部科学相が「(自分で合格させた)検定後の教科書についてコメントしたとすれば問題」と調査を指示している。

 天児氏は「琉球大在職中に親しい人から一坪反戦地主会に入るよう頼まれ断れなかった。十年以上前から脱会を申し入れているが許可されない。私は日米安保条約が東アジアの安定に役割を果たしていることを否定していない」と話している。

 文部科学省教科書課は「朝日新聞への談話をめぐっては調査中だが、一坪反戦地主であることは知らなかった。一般論で言うと、公正な立場で審議していただくため、委員には政治的中立性が求められる」としている。





※まず、ブログに関してはプロバイダーを変えようかと思っているので、現在引っ越し先を検討している。やはり何と言っても、容量が多いところが安心して掲載できるし、画像も遠慮なく載せれる。現在、テキストに関しては、無制限のところがあるので、その中で決めようと思っている。

さて、本日の記事に関しては、最近何度も書いてきた「審議員」の問題が改めて確認できたと思う。ある市では、男女共同参画の審議員の中に、自衛隊公認の「革マル」の女性が入っていた。

今回の人事にしても、文部科学省教科書課の職員もよく知らないうちに、誰かがこっそり入れ込んでしまったと考えた方がいい。このように、誰がどこで推薦し、誰が決めたかがわからないのだが、当然議会にも報告はないし(報告義務もないのだが)、市民は誰も知らない。こういうルートが出来上がっているように思えてならない。

自治労との関連も考えられるのだが、戦後60年のつけは我が国の隅々にまでおよび、解同、在日、創価学会などによってがんじがらめになっており、ルソーではないが、鉄鎖に縛られ身動きが取れなくなっているのだろう。

朝日新聞は今回の事でも分かるように、その司令塔の役割を果たしており、やりたい放題といったところだ。さぞはしゃぎ回っている事だろう。無念で仕方がない。やはりマスコミの力は大きいと実感するのだが、九州では、産経新聞は一日遅れになるので、よほど関心がある人しか取っていなく、これもまた残念としか言いようがない。

沖縄にいたっては、琉球大学には、そうそうたる反日教授がいるし、沖縄自体が反日で固まっている印象もある。先の大戦の事に関して、沖縄を見捨てたという感情からかも知れないが、私が知る限りでは、見捨てたとは思えない。

当時、米軍が台湾に来るのか、沖縄なのか、素通りするのか全く分からない状況では、一個師団の移動は致し方なかったのではないかと思っている。私としては、太田中将が残した「沖縄県民かく戦えり」の言葉のように、本当に感謝しているし、これは議会でも発言をした。

硫黄島や沖縄での、日本軍や国民の必死の闘いがあったればこそ、今の日本があると思っているし、これらの本を読んで何度泣いたか分からない。同じ日本人として、心底、感謝しているし、この事をもっと多くの日本人は知らなければならないと思う。

それを知ったならば、今使われている、歴史教科書がいかにおかしいか、そして、NHKや朝日や毎日系の新聞、テレビがいかにおかしいかが判ってくると思う。この異常さを知らせるという使命のためにも、今後もまだまだ勉強して、ブログを中心として訴えて行きたいと思っている。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-13 11:01

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987