★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆南沙諸島 新たな火種 ベトナムが携帯電話網

 (東京 06/5/14)

http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20060514/mng_____kok_____003.shtml

 ベトナムの通信最大手ビナフォンが南沙(スプラトリー)諸島で携帯電話サービスを開始することに対し、領有権を争う中国が強く反発している。

 豊富な海底石油資源が眠る南沙諸島周辺では、共同探査も進められており、その一方でベトナムが通信施設を建設することは中越関係の新たな火種になる可能性もある。

 ビナフォンはこのほど南沙諸島に含まれる島に電波の送受信設備を建設し、六月から携帯電話サービスを開始すると発表。これに対し、中国外務省は「中国が主権を有する島やその周辺海域での、いかなる国によるいかなる行動もすべて違法であり、無効だ」と批判を強めている。

 中国とベトナム、フィリピンの国営石油会社は昨年三月、南沙を含む南シナ海で石油、天然ガスの共同探査を進めることで合意。三カ国は領有権を棚上げして資源開発を優先させようとしていただけに、ベトナムによる突然の通信網整備は各国を困惑させている。

 ベトナムは二〇〇四年四月に南沙への観光ツアーを組織したり、軍の物資輸送用の飛行場整備を進めるなど領有権に固執してきた。

 南沙諸島をめぐっては、中国とベトナム、フィリピンのほか、台湾、マレーシア、ブルネイも領有権を主張している。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-15 11:56

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987