★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆数学研究ピンチ 論文、米の5分の1 博士号は6分の1 

(朝日 06/5/18)

http://www.asahi.com/national/update/0518/TKY200605170434.html

 日本の数学研究は、論文の数が世界の6位に甘んじ、研究費の伸びも他分野に比べて低いなど、「じり貧」状態にあることが文部科学省科学技術政策研究所の調査でわかった。

 都内で17日にあったシンポジウムで報告された。数学者の活躍の舞台は、大学中心の日本に対し、欧米では産業界への進出が盛んで、日本も数学振興のための産学連携が必要だとした。

 調査では、世界の数学論文における日本の論文数は03年現在約6%で6位。トップの米国(約30%)に遠く及ばず、00年には中国にも抜かれた。

 研究者の人数は大学を中心に約3千人で、米国(1万~4万人)や仏(6000人)より少ない。年間の博士号取得者は180人で、米国の6分の1。研究費も、国の研究費全体に占める割合は05年まで7年間減り続けている。

 だが、他分野の研究者が数学に寄せる期待は大きい。アンケートで自分の研究テーマに数学研究者の協力がほしいか問うと、3人に2人がほしいと答えたほか、「半導体回路の設計やコンピューターのソフトウエアなどの設計で数学は欠かせない」「数学と他分野研究との交流の場が必要」などの意見があった。

 同研究所の桑原輝隆総務研究官は「日本も、大学と産業界が、協力態勢をもっと議論する必要がある」と話している。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-18 20:47

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987