★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆イランが「上海協力機構」の正式メンバー入りを要請



 中央アジアの国際政治は地殻変動を起こそうとしている


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 

平成18年(2006年)5月19日(金曜日)

通巻第1467号 


 日本のような“平和惚け”国家が国際情勢の裏読みを怠るのは当然にしても、西側世界も最近まで、この動きを軽視した。

 濃縮ウランによる核開発をあきらめないイランは、中国とロシアに国連での庇護を求め、とくに中国はイランと1000億ドルもの長期契約を結んでガス、石油鉱区開発の正式契約をしている。

 イランを梃子にロシアと中国は国連決議に反対したり、棄権したりして西側への挑戦をしているのだが、単細胞のアメリカは中国とロシアを手玉にとってイランを動かすことが出来ず、ついには「イラン制裁」を獅子吼して、日本にアザデガン油田開発の中断という政治圧力をかけてきた。

 ルカシェンコ独裁のベラルーシへの失策、ミャンマー政策の完全な失敗(制裁ゲームで遊んでいる内にミャンマーは完全に中国の経済植民地になった)。

 しかも、この時期を選んでイラン外相は「夏までにイランは『上海協力機構』(SCO)の正式メンバーとなりたい」と表明した。

 これにはむしろ中国が慌て、ほかにもSC0のオブザーバーであるインド、パキスタン、モンゴル諸国にも少なからぬ動揺をあたえた。

 大げさに言えば近未来に中央アジア版NATOを中国軍人を最高司令官として結成しようという動きだからである。

 ジャン・フィリッペ・ビジャ(パリ国際研究センター<CERI>主任研究員)は「あきらかな西側秩序への挑戦だ」と唱えた。

 またグレン・バークレー豪国立大学教授(キャンベラ)は、「西欧と中央アジアのあらゆる意味での地殻構造上のシフト(Tectonic Shift)であり、西側はもっと関心を持つべきだろう」(INSニュース、5月126日付け)と注意を喚起している。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-19 12:08

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987