★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆虐待279件、6割は実母 昨年度、県内の児童相談 (長崎新聞 06/5/18)



http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kako/200605/18.html#02

 県は十七日、県内二カ所の児童相談所(児相)で昨年度受け付けた児童虐待の相談状況を公表した。総数は二百七十九件で前年度より十九件減ったが、虐待者の約六割が実母で、内容別では「保護の怠慢・拒否」(ネグレクト)が半数を超えた。

 「児童の安全確保」のため児相が一時保護したケースが百四十七件、「家庭での養育は困難」として児童福祉施設に入所した事例が七十九件あり、親子関係の深刻さをあらためて裏付けた。

 虐待内容では、食事を与えないなどのネグレクトが前年度比8・6ポイント増の50・9%で最多。逆に身体的虐待は13・1ポイント低下し27・2%。心理的虐待16・9%、性的虐待5・0%―だった。

 虐待者は実母の58・1%に対し、実父は26・5%。被害を受けたのはゼロ歳児から小学生までで76・7%を占めた。

 相談経路では「家族・親せき・近隣知人」が31・5%、「学校等」が10・8%。被害児に日常的に近い人物が虐待に気付く傾向が出ている。

 平尾眞一県こども家庭課長は「虐待は家庭内にとどまり表面化しにくい。なかには深刻な事例もあり、地域や学校でも子どもの異変に気付いたら専門機関に相談してほしい」と話した。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-20 12:17

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987