★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆ニート&フリーター“家から追い出せ”大作戦 (ZAKZAK 06/5/24)


http://www.zakzak.co.jp/top/2006_05/t2006052237.html

納税額が増えるのがイヤなら、ニートを働かせるしかない?(写真と本文は関係ありません)
 ニートの面倒まで見てやる必要なし-。自民党税制調査会(柳沢伯夫会長)は22日までに、成人したニートやフリーターを所得税の扶養控除対象から外す検討を始めた。少子化対策としての子育て支援減税の財源確保のための措置として浮上した。

 政府の05年版の労働経済白書によると、04年で37万人(25~34歳)、定義次第ではもっと多いとも指摘されるニート。若年層の人口が減少している中で、定職に就かない若者の存在は、大きな社会問題となっている。

 自民党税制調査会は、こうした存在に対し、1人当たり38万円の所得税の扶養控除に年齢制限を新設、成人者のニートやフリーターを控除対象から外す方向で検討している。

 一時、流行したパラサイトシングルは、光熱費や住居費などを親に頼りながら、経済的にゆとりを持った独身者を指した言葉だが、ニートやフリーターは経済的に自立しないどころか、親が生活費まで負担するケースも多く「子育ての負担軽減という趣旨から外れる」(税調幹部)と判断されたようだ。控除が外れた場合の納税額は、サラリーマンと専業主婦の夫婦で年収103万円以下の成人フリーター1人を扶養する世帯では、年収500万円で約3万円、年収700~1000万円で約7万円増加する見込みだという。

 扶養控除から外すことで、ニートらの就労を促進する狙いもある。「ニート世代の代表」という現職国会議員もいる世の中だが、ニートは職探しどころか進学や職業訓練さえもしていない若年層のこと。

 民主党の小沢一郎代表も、「漠然と他人に寄生して生きているなど、とんでもない」とし、「ただ甘やかせている親たちもどうかしている。動物にも劣るといっても過言ではない」と夕刊フジコラムで持論を展開している。今回の検討が、ニートやその親が目を覚ますきっかけになるか。
[PR]
by sakura4987 | 2006-05-25 16:56

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987