★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆日本の番組、違法投稿 米サイト テレビ局、著作権保護に苦悩 (産経 06/6/25)


 米国のインターネットサイトに、日本のテレビ番組の映像が無許可で大量に投稿され、問題となっている。各局では削除要請を行っているが、あまりに膨大な量であり、さらに削除されてもすぐに同じものが新たに投稿され、対応し切れないのが現状。IT社会が進化するなか、テレビ局は著作権保護に振り回される日々が続きそうだ。

 問題となっているのは、米国の動画投稿サイト「You Tube(ユー・チューブ)」。登録(無料)すれば、誰でも動画を投稿、視聴できる。同サイトによれば、世界中のユーザー600万人に、毎日約5000万本の動画を提供。1日の閲覧数は2億件に達し、毎日約5万本の動画が投稿されるという。

 昨年暮れごろから、日本のバラエティー番組やアニメ、過去の番組、放送事故のシーンなどの投稿が目立ち始めた。投稿者の大半が日本人で、個人的に録画したものを投稿しているようだ。

 NHKでは、今年4月ごろに「紅白歌合戦」や「おかあさんといっしょ」などの映像が投稿されていることを視聴者などの指摘で知り、You Tubeに対して削除要請を行った。

 「すぐに削除はされたが、動画は簡単にコピーされ、次から次に投稿されるのできりがない。個々の映像ごとに削除要請をせねばならず、サイト全体を監視するのは物理的に不可能」とNHK。

 同様に昨年暮れから数回、削除要請しているフジテレビも「バラエティー番組の1コーナーだけを投稿されるなど、極めて断片的で、それが自分の局のどの番組なのかを特定するのも難しい」。日本テレビなども対応を検討中で、各局の間で「個別ではなく、まとまって対処すべきだ」との意見が強まっている。

 一方で、投稿された番組が“世界”に意外な影響を及ぼしている。

 「伊東家の食卓」(日本テレビ系)で紹介されたTシャツを一瞬でたたむ裏技は、海外のユーザーに衝撃を与えたようで、彼らが自ら裏技を試している動画を投稿している。また、NHK「ピタゴラスイッチ」の「アルゴリズムこうしん」をまねして楽しむ若者たちも。最近では、自作で英語字幕をつける日本人投稿者までいるという。
[PR]
by sakura4987 | 2006-06-25 12:42

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987