★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆歳出削減 暮らしは… 生活保護、適用厳しく (産経 06/6/27)


 社会保障分野では、来年度にも「最後のセーフティーネット」とされる生活保護に大きな影響が出る。

 まず、母親だけの家庭で給付に上乗せされている「母子加算」の支給要件が厳格化される見通しだ。

 現在は15歳以下の子供が1人いる場合は一律2万~2万3000円程度が上乗せされるが、支給条件を親が働きに出て保育費用がかかる場合などに限定する方式などが検討される。

 現在は物価の違いにより地域によって2割ほどの格差のある「生活扶助」も、厚生労働省は格差を縮めて支給総額を抑える方針。

 持ち家に住みながら生活保護を受けているケースでは、自宅の土地、建物を担保として生活資金を貸し付ける「リバースモーゲージ」制度の導入も課題。介護保険は、現在1割の自己負担を高所得者は2割へ引き上げることが検討されそうだ。

 一方、来年度から雇用保険の失業給付への国庫負担が削減され、それに伴い現在1・6%の保険料率(労使折半)も引き下げられる見通し。
[PR]
by sakura4987 | 2006-06-28 10:21

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987