★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆養育放棄で入院400人超 (中日 06/7/24)


http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20060724/eve_____sya_____006.shtml

厚労省の調査

 児童虐待の一つで、食事などの世話をしない「養育放棄(ネグレクト)」によって、体調が悪化した子供の入院受け入れを、小児科がある病院の46%が過去に経験、入院した子供は400人を超えることが、厚生労働省研究班の全国調査で分かった。うち12人が死亡、21人に重い後遺症があった。

 2005年だけでも100人以上が入院しており、早期発見が難しいとされるネグレクトの深刻な被害実態が浮かび上がった。児童相談所など関係機関による一層の取り組みが求められそうだ。

 調査は1月、小児科がある全国の570病院を対象に実施、230病院から回答を得た。うち、疑い例も含めネグレクトによる子供の入院を経験したことがあるとしたのは106病院(46%)に上った。

 05年の1年間については、人数や年齢、病状などを詳しく尋ねた。同年に入院した子供は106人。1歳未満が27%、1-3歳が21%など乳幼児の割合が高く、10歳以上も14%を占めた。

 症状の内訳は「体重が増えない」が31%、「元気がない」が18%だったほか意識障害やけいれん、低体温など緊急対応が必要なケースもあった。

 入院治療の結果、55人は回復したが、8人には重い後遺症があった。死亡はこの1年にはなかった。92%に当たる97人について、児童相談所などへの虐待通告がなされていた。

 質問を人数と後遺症の有無などに絞った05年より前の時期については310人の入院が報告された。107人が回復した一方、12人が死亡。重い後遺症は13人で、05年の8人と合わせると21人に上った。

 研究班の宮本信也筑波大大学院教授(精神機能障害学)は「乳幼児健診など早期発見のあらゆる機会を活用し、入院が必要になるほど状況が深刻になる前に、虐待を食い止める努力が必要だ」と話している。


◆地域含めて連携を

 <吉田恒雄・駿河台大教授(児童福祉法)の話>

 児童虐待への関心の高まりを受け、以前は見過ごされていたネグレクトを見抜く目が医療現場にもできてきた。身体的虐待と比べ早期発見が難しいが、身長や体重の伸び、服や体の不潔さの度合いなどを注意深く観察することが大切だ。

 親に育児能力がない場合や、能力はあってもわざと世話をしない場合などさまざまなケースがあり、対応も変えなければならない。医療機関だけでなく、学校や地域も含めて連携を強めていく必要がある。

 <養育放棄(ネグレクト)>

 子供に対する養育の怠慢、放棄を指し、児童虐待の一つとして位置付けられている。

 食事を与えない、長期間入浴させない、衣服を不潔なままにするなど身の回りの世話に関することのほか、病気やけがを医師に見せない、薬を適切にのませないなどの行為も含まれる。

 2004年度に全国の児童相談所が対応したネグレクトの件数は約1万2000件。

 2000年には愛知県武豊町で当時3歳の女児が自宅で段ボール箱に閉じ込められ、食事を与えられず餓死した事件があったほか、03年には大阪府岸和田市で、当時中学3年の男子生徒が餓死寸前で保護される事件が起きている。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-28 17:17

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987