★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆朝日新聞と東京大学の緊密な関係 (JANJAN 06/7/29)


http://www.janjan.jp/media/0607/0607278610/1.php

 地方在住の市民記者である私は、4月25日付『JanJan』「私はこう思う」欄で、「朝日新聞に見る全国紙の東大偏重と日本の教育」と題して投稿した。
 そこでは、特に朝日新聞社発行の各種週刊誌における東大特集の多さと、それが日本の教育に及ぼす弊害について、私見を述べた。

 しかし、「やはり!」と言うべきか、朝日新聞社は、一介の市民記者の批判に動じる筈もなく、その後も東大偏重報道を続けている。

 例えば『週刊朝日』は、「一流校に入る」と題する臨時増刊号を7月3日に発行。この増刊号ではいくつかの特集を組んでいるが、相変わらず東大に強く偏った記事が満載で、たとえば「東大合格者100人の家庭力」、「難関私立(中高一貫校のこと、市民記者注)でなくても東大に合格できる」などと。

 あるいは『週刊朝日』7月28日号の特集【主要18大学の「入りたい」VS「入れた」会社ランキング】。『アエラ』7月31日号特集「一流校をあきらめない」、等々。

 これら朝日新聞社系週刊誌と他の新聞社系とを比較しての際立った差異は、朝日系がとかく学歴にこだわり、東大を別格的に扱う特集記事が著しく多い点にある。

 そして最近の極め付きは、7月25日の朝日新聞朝刊の一面に「朝日新聞と東京大学が、今後5年間にわたり連続国際シンポジウム「知の拠点サミット」を共催して、世界の主要大学の学長らを東京に招いて開く」という社告が出ていたこと。

 今回に限らず今までも、朝日新聞は、他大学と比べて圧倒的に東大とは緊密な関係にあり、例えば2003年度より、朝日新聞創刊25周年記念事業の一環として、東大法学部に寄附講座「政治とマスメディア」を開設するとともに、東大―朝日新聞共同世論調査を行ってきている。


(以下は長文ですので略します)
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-30 08:33

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987