★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆ロシア、日漁船に銃撃1人死亡…外交紛争の可能性 (中央日報 06/8/17)


http://japanese.joins.com/article/article.php?
aid=78951&servcode=200§code=200

日本の漁船が、ロシアと領有権紛争をしている北方四島近隣海域でロシア国境警備隊の銃撃を受けて船員1人が死亡した。

日本のメディアによると16日午前7時40分ごろ、北海道根室沖合の貝穀島近隣海域で日本漁船第31吉進丸(4.9トン)がロシア国境警備隊に拿捕され、このとき銃撃を受けた乗員4人のうち甲板員盛田光広さん(35)が死亡した。北方領土周辺で日本漁船がロシア側の銃撃を受けて死亡者が発生したのは1956年10月以来のことだ。

日本の水産庁によると貝殻島周辺はロシア側が主張する領海の界線に近い。ロシアと日本の漁業協定によればロシアが主張する領海内で日本漁船によるタコ、タラの操業は許容されているが、カニは全面禁止されている。

 したがって第31吉進丸がそこで不法にカニ漁業を行い、ロシア警備隊に見付かって逃走し、銃撃を受けたものと推定されている。ロシア側は「漁船を調査した結果、カニ30キロ、タコ10キロなどが発見された」と明らかにした。

ロシア国境警備局は「漁船が秋勇留島周辺海域で発見され、ロシア側の停船命令を無視して西の方に逃走した」とし「何回かにわたり信号弾を打ったが止まらないので、警備艇からゴムボートを降ろして自動小銃で漁船の先の部分に警告射撃をした」と話している。

しかし日本の言論によると銃撃の行われた現場は貝殻島近隣の日本領海内だったという情報もあり、2つの国家間の外交紛争につながる公算もある。日本政府は首相官邸に連絡室を設置する一方、駐日ロシア臨時大使を外務省に呼んで厳重抗議した。

ロシア側はこの日午後「不審な船舶が何の表示もなく明かりもつけないままでロシア領海を侵犯したので警告射撃をした」とし「ただ死亡した船員の遺体と残りの乗員は早いうちに日本に返す」と明らかにした。
[PR]
by sakura4987 | 2006-08-18 11:52

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987