★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆日田市:筑紫哲也さん名誉市民決定、イメージアップ期待 /大分 (毎日 06/9/27)


 ◇「地方からの情報発信を」

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/oita/news/20060927ddlk44040241000c.html

 日田市出身のジャーナリストでTBSニュースキャスターの筑紫哲也さん(71)が26日、同市議会の同意で名誉市民に選ばれたが、市当局ばかりでなく、まちおこしなどに携わるグループや市民は筑紫氏が培った視野の広さと豊かな経験、人脈に大きな期待をかける。

 大石昭忠市長は「(今年3月に閉校した市民大学の)自由の森大学の功績は計り知れない。12年間で延べ1万5800人の受講生が、中央から来た文化関係など一流の講師陣に触れることが出来た」と話す。

 「7月中旬に打診し、快諾していただいた。日田の活力やまちづくりのために、ご助力をお願いしたい」。11月3日に名誉市民の称号を贈る。

 「よく(名誉市民を)引き受けてくれましたねえ」と驚くのは「ひたマチづくり研究所」の赤尾重信代表幹事(59)。筑紫さんと知り合って20年以上。「日田(の落ち着いた雰囲気)はこのまま変わって欲しくない」と言う筑紫さんに、赤尾さんは「いい方向に変えたいんです」と応じた。

 「91年の甚大な風倒木害では、ニュース23で克明に惨状を伝え、後処理や再生のための『筑後川緑の基金』理事を快く引き受けてくれた。シンポジウムにも出席。北部九州4県による8億円拠出へのアピール効果が大きかった」と振り返る。

 また「自由の森大学一つをとっても、日田への貢献は計り知れない」「名誉市民になってくれただけでもイメージアップ。さらにその影響力に期待したい」と喜ぶ。

 一方、日田天領まつり(10月21、22日)の夜、豆田町で竹灯ろう2万本をともす「千年あかり」で、ニュース23の生中継が計画されているが、元自由の森大学事務局長で地元の原田啓介氏(47)は「(学長だった)筑紫さんは、地方でも頑張れば全国に情報発信できることを教えてくれた。さらなる知恵を学びたい」と手放しで歓迎する。
[PR]
by sakura4987 | 2006-09-29 10:26

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987