★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆従軍慰安婦問題「河野談話受け継ぐ」 安倍首相 (朝日 06/10/3)

http://www.asahi.com/politics/update/1003/009.html

 安倍首相は3日の衆院代表質問で、従軍慰安婦問題に対する認識を問われ、「いわゆる従軍慰安婦の問題についての政府の基本的立場は、93年8月4日の河野官房長官談話を受け継いでいる」と述べた。

 この談話は従軍慰安婦の募集や管理などに旧日本軍が関与、「強制性」があったことを認め、謝罪する内容で、安倍首相は過去に国会審議で疑問を呈していた。

 この日の答弁は、首相が「政府の立場」として示したもので、自らの認識については明言を避けた形だ。共産党の志位委員長の質問に答えた。

 首相は、河野官房長官談話について、97年5月の衆院決算委員会分科会で委員として「強制性を検証する文書が出てきていない。河野官房長官談話の前提がかなり崩れてきている」と発言していた。これに対し、志位氏が「今も同じ認識か」と聞いたことに答えた。

 また、第2次世界大戦をめぐる認識も改めて問われたが、首相は「政治家の発言は政治的、外交的な意味を持つものであり、特定の戦争観、歴史観の是非について語ることには謙虚であるべきだ」とした。

 ただ、95年8月15日の村山首相談話については「戦後50年という節目において、閣議決定した上で内外に示された歴史的な談話だと考えている」と述べた。

 日の丸・君が代への起立・斉唱の義務を否定した9月21日の東京地裁判決について首相は「学校教育において、国旗・国歌の意義を理解させ、それらを尊重する態度を育てることは重要だ」との従来の政府の見解を述べ、裁判に対する評価についても「現在、東京都が東京高裁に控訴中だと承知している」と述べるにとどめた。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-04 16:43

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987