★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆A級戦犯の戦争責任、政府断定は不適当…首相答弁 (読売 06/10/2)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061002it12.htm

 安倍首相は2日午後の衆院本会議で、首相就任後初の各党代表質問に対する答弁を行った。

 首相は、昭和戦争に関するA級戦犯の戦争責任について「先の大戦(昭和戦争)に対する責任の主体については、さまざまな議論がある。政府として具体的に断定することは適当ではない」との見解を示した。

 連合国がA級戦犯を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)については、「我が国はサンフランシスコ講和条約により、裁判を受諾しており、国と国との関係において、この裁判に異議を述べる立場にはない」と語った。

 また、昭和戦争に対する歴史認識として、1995年の村山首相談話などを引用する形で「我が国は植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけ、アジア諸国の人々に対し、多大の損害と苦痛を与えた」と説明した。

 自らの靖国神社参拝については、「私が行った、行かない、あるいは参拝したか、しないかについて宣明するつもりはない」と述べ、参拝の有無を明らかにする考えはないことを重ねて強調した。

 所信表明演説に盛り込んだ集団的自衛権行使の事例研究については、「政府としては、これまでの憲法解釈や、国会の議論の積み重ねを十分に尊重しつつ、よく研究していく」と述べた。

 一方、先の通常国会からの継続審議となっている社会保険庁改革関連法案に関連し、「(社保庁の新組織を)すべて公務員でやらなければならないかどうかということを含めて国会で十分議論してもらう」との考えを示した。

 民主党の鳩山幹事長、松本政調会長、自民党の中川幹事長の質問に答えた。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-04 16:47

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987