★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆県内で児童虐待相談98件 本年度上半期、加害者は実母7割 (徳島 06/11/02)


http://www.topics.or.jp/News/news2006110204.html

 徳島県内の児童相談所に本年度上半期(四-九月)に寄せられた児童虐待の相談は九十八件に上り、依然として多いことが県のまとめで分かった。

 前年度同期より三十件少ないが、昨年四月の改正児童福祉法施行で新たに相談窓口となった市町村に分散したためとみられ、県こども未来課は「数年前と比べても高い数値で推移しており、事例も年々複雑化している」と話している。

 県によると、相談の内訳は身体的虐待が四十二件と最も多く、半数近くを占めた。次いで食事を与えないなどのネグレクトが三十二件、心理的虐待二十三件、性的虐待一件だった。

 主な虐待者は、実母が七十件で全体の七割超。実父が十九件、実父以外の父親が五件と続いた。被虐待児の年齢では、約半数が小学生で四十三件。次いで三歳-小学校入学前が二十一件、中学生が十七件、三歳未満が十三件だった。

 県内の相談件数は年々増える傾向にあり、二〇〇四年度は二百四十件と、五年前の七十六件に比べ約三倍に増加。〇五年度は二百件だったが、市町村が単独で対応したケースを合わせると約二百六十件に上っている。

 また、離婚件数の増加とともに家庭の在り方が変化するなど、個々の事例も解決が難しいケースが増えているという。
[PR]
by sakura4987 | 2006-11-03 10:03

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987