★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆従軍慰安婦の作品展だめ 市民ホール使用却下「目的にそぐわず」 帯広市



 (北海道 07/2/3)

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070203&j=0031&k=200702033335

 【帯広】第二次世界大戦中、旧日本軍の従軍慰安婦だった韓国人女性たちが描いた絵画と写真の展示会が二日、道内で初めて帯広市の藤丸百貨店で始まった。主催する実行委は当初、市役所内の市民ホールの使用を申請したが、市は「使用目的にそぐわない」として却下した。実行委は「平和を願う活動を、なぜ市は理解してくれないのか」と憤慨している。

 この絵画展は昨年六月、元慰安婦九人が住む韓国広州市の「ナヌム(分かち合い)の家」を訪れた市民団体のメンバーが実行委をつくり、開催した。元慰安婦が日本兵に自分が連れ去られる場面などを描いた痛々しい絵画二十四点のほか、元慰安婦らの現在の写真、アジア各国に作られた慰安所の説明パネルなどが展示されている。

 実行委によると、一月初めに市に市民ホールの使用を申請したところ、市から「市民ホールの使用は学芸文化普及振興のための行事に限られており、許可できない」との文書が届いた。

 また、実行委は三月に「『日本軍慰安婦』の証言を聞く会」を予定しているが、後援依頼を受けた市教委は「『日本軍慰安婦』という文言は政府が使用している『いわゆる従軍慰安婦』とは異なる」などとして後援を見送った。

 北海道新聞社の取材に対し、市は「使用基準に照らして淡々と判断しただけで他意はない」、市教委は「政府見解を超えた文言表現で、自治体として支持できない」と答えた。実行委は「過去の事実から目をそむけず、戦争を二度と繰り返したくないという願いなのに、市や市教委の対応は納得できない」としている。

 絵画・写真展は八日まで藤丸で、十五日から二十日まで帯広市図書館で開催。入場無料。証言を聞く会は「とかちプラザ」で三月十日午後一時半から。参加費千円。
[PR]
by sakura4987 | 2007-02-03 08:10

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987