★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆潜水艦情報持ち出しの元技官、謎の中国人と北京で接触 (読売 07/2/6)



http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070206it06.htm?from=top

 防衛省技術研究本部の元技官(64)が在職中、海上自衛隊の潜水艦に関する論文のコピーを持ち出した窃盗事件で、元技官はコピーを持ち出した約1年9か月後、このコピーを渡した元貿易業者(55)とともに、中国・北京で素性不明の中国人と面会していたことが、警視庁公安部の調べでわかった。

 元技官は、この人物を「中国政府関係者と思った」と供述しているという。元貿易業者は、元技官に「あなたでないと困る」などと言って北京に誘っており、公安部は、元貿易業者が中国側の要請を受け、北京で面会の場を設定した可能性が高いとみて調べている。

 公安部によると、元技官は、旧防衛庁技術研究本部第1研究所に勤務していた2000年3月、自分が執筆した潜水艦の船体に使う特殊鋼材の論文を無断でコピーして持ち出した疑いが持たれており、これまでの調べに、このコピーを知人の元貿易業者に手渡したことなどを認めている。

 元技官がこの元貿易業者の誘いに応じ、中国・北京に渡航したのは在職中の01年12月。この渡航には元貿易業者も同行し、費用も元貿易業者が負担していた。

 これについて、元技官は、公安部の調べに対し、元貿易業者から「あんたでないと困るんだ」などと強く誘われて渡航したことや、渡航中に北京のホテルで素性の分からない人物と面会したことなどを認めた。さらに「(面会した人物は)中国政府関係者と思った」「質問のレベルは低かった」などと供述したという。

 一方、元貿易業者は調べに対し、「中国側から『これだけの論文を書ける研究者から直接、話を聞きたい』と求められた」などと供述しているという。

 元貿易業者については、04年までの約10年間に約30回も中国に渡航していたことや、在日中国大使館の元副武官が来日した際に、送迎役を務めていたことなどが判明している。このため公安部では、元技官の中国渡航にも、中国・人民解放軍の関係者が関与していた可能性があるとみている。
[PR]
by sakura4987 | 2007-02-08 16:06

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987