★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆宮塚利雄・宮塚寿美子『北朝鮮 驚愕の教科書』(文春新書)



「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より

平成19年(2007年) 2月17日(土曜日)  

 宮塚利雄氏といえば、リュックサック担いで、いとも気軽に北朝鮮を旅し、あらゆる箇所に出没する不思議な御仁。大学教授でもあるが、ジャーナリストでもある。

 宮塚さんのフットワークの強さは誰もが認めるところ。

 そして、北朝鮮を旅する旺盛な意欲もさりながら、十年の歳月をかけて、執念深くコツコツと蒐集したのが北朝鮮の小学生教科書だった。

いったい、個人崇拝の、かのカルト国家では何をどうやって子供達に教え、あの“反日カルト”を意味もなく量産しているのだろうか?

 教授の娘さんと一緒の作業で、この大プロジェクトが始められた。しかし本来なら、この仕事、外務省がやるべきことではないのか。

 教科書に並ぶのは信じられないような日本に対しての非難、罵倒、侮り、差別。(いったい、これはナンだ!)

 通読していても頭がおかしくなる。驚愕のコトバが激しく並ぶからだ。

 他方ではなんでもかんでも金日成元帥、金正日なる「首領様」を絶賛し、日本はすべて「野郎」呼ばわり。日帝野郎、天皇野郎。。。。。

 たとえば、こういう荒唐無稽なはなしが教科書に載っているという。

 ある日、「偉大な領導者金正日元帥様は、ご幼少の時お母様と一緒にある小学校をお尋ねになられました。偉大な元帥様は教室に入られ、地球儀を御覧になりました」(中略)

 そこには日本と朝鮮が同じ色に塗られていたので、元帥様はたいそう怒り、「墨で日本の地を黒く塗りつぶしたところ、日本が真っ暗になり、雷鳴がとどろき」、あげくは「長いこと激しい夕立が降りました」とさ。

 このように元帥様は「空と土地を自由に動かされる才能をお持ちである」

 こういう歌も強制的に覚えさせられる。

 「金正日将軍の歌」

 ♪ 「白頭につらなる麗しい祖国 将軍あおいで歓呼にどよめく

     太陽の偉業つぐ 人民の指導者

            マンセー マンセー 金正日将軍」

 カルトの行き着く先は地獄しかないだろう。

 しかし、こういう嘘物語を小学生から叩き込まれて洗脳されると、その洗脳を解くには同じ歳月がかかる。

 中国人が鎖国を解かれて、はじめて日本に来た留学生にとって、最初のおどろきは「帝国主義、軍国主義の日本がどこにもないのは何故か、わからなかった」という逸話があるほどに。
[PR]
by sakura4987 | 2007-02-24 08:13

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987