★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆BC級元戦犯常設展 在日韓人歴史資料館 (民潭新聞 07/5/16)



http://mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=1469&corner=6

 第2時大戦のさなか、連合軍の捕虜監視活動に携わったためBC級戦犯としてさばかれた同胞元軍属の全貌を伝える常設展示が、27日から在日韓人歴史資料館(姜徳相館長)で始まる。

 開催期間中には韓国・朝鮮人BC級戦犯問題の存在を広く知らせる連続セミナーも開かれる。資料館では6月にリニューアルオープンを控えているが、今回の常設展をその弾みにしていきたい考えだ。

 巣鴨プリズン出所後、精神分裂症が発症、以来44年間というもの記憶が止まったまま91年、千葉市の国立下総療養所で病死した元BC級戦犯、李永吉さん(78)の遺骨を抱える李鶴来さんの写真からは、かけがえのない仲間を失ったやり場のない悲しみと怒りが伝わってくるかのようだ。

 半世紀以上の時間が経過、約20点のパネル写真に登場する人物の多くはすでに死亡した。

 観覧者は無言の対話を通して元戦犯の訴えに耳を傾けることになる。大・小ガラスケースには受刑者が巣鴨プリズンで使用したタオルや刑死前にしたためた遺書などを収める。

 展示史料はこの間、当事者が日本政府相手に訴えてきた謝罪と補償を声高に代弁するのが目的ではない。

 しかし、「彼らが旧日本軍の捕虜政策の犠牲者だったことだけは理解してほしい」と関係者は語っている。

 解放後、戦犯として処刑されたのは23人。このほか125人が有期の服役を余儀なくされた。

 巣鴨プリズン出所後も戦犯の汚名を着たままでは帰国もできず、異国で辛酸をなめてきた。

 自殺者が相次ぐなか、これ以上1人とて落伍者をだすまいと残る者たちで55年に結成したのが互助組織「同進会」だった。

 同進会では歴代の日本政府首相に謝罪と補償を訴え続けてきた。だが、韓日条約締結がなされるや「協定で権利はすべて消滅した」との姿勢を変えていない。

 やむなく、条理に基づく救済を司法の場に訴えたが、99年に請求は棄却された。

 ただし、付言で「適切な立法措置が期待される」と述べている。裁判でのこの間のやりとりはすべて公開される。オープニングセレモニーは27日午後2時から。
[PR]
by sakura4987 | 2007-05-23 15:12

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987