★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆八木秀次氏講演の民間TM 「思想偏り」後援拒否 島根県教委

※遅くなりましたが、抗議をお願い致します。

 この件について、

 島根県の当ネットワークの会員さんたちが奮闘していますので、

 援護射撃をお願い致します。


◆八木秀次氏講演の民間TM 「思想偏り」後援拒否 島根県教委

 (産経 07/5/11)

 島根県内で3月に開催された「教育再生民間タウンミーティング」などの後援依頼を、同県教委が「思想的に偏りがある」として拒否していたことが10日、分かった。

 県教委は、主催団体が発行したパンフレットに「国の中心に一系の天皇をいただいてきた伝統の国」と記述があることも問題として指摘したが、主催者側は「県教委はジェンダーフリーなどの講演は認可している。判断基準はどうなっているのか」と疑問視している。

 タウンミーティングは八木秀次・高崎経済大教授が理事長を務める日本教育再生機構が主催。政府の教育再生会議に提言するために全国で開かれている。

 県教委が問題視したのは八木教授の主義主張のほかに、同機構のパンフレットの記述。万世一系の皇室についての文言や、「歴史と伝統を否定する『戦後教育』」との個所に問題があるとした。

 県教委総務課は「(八木教授は)思想的に偏りがある。内部規定にのっとって、本県の教育振興に寄与できないと判断した」と説明している。

 八木教授は「思想差別だ。このような理由で後援を拒否された例はない。県教委が出した過去の後援をみても今回の理由では納得がいかない」と憤っている。


■島根県教育庁総務課企画調整スタッフ

電話:0852-22-5406

ファックス:0852-22-5400         

電子メール kyousou@pref.shimane.lg.jp

(教育庁総務課)
[PR]
by sakura4987 | 2007-05-23 15:13

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987