★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆国民投票法成立と左翼過激派と教職員組合



      (国を憂い、われとわが身を甘やかすの記)

http://abirur.iza.ne.jp/blog/

 本日、憲法改正手続きを定めた国民投票法が成立しました。中身についてはいろいろと不備な点も言われていますが、まずは一歩進みました。

 私は平成12年に、衆参両院に憲法調査会が設置されたときの、産経の初代担当記者だったこともあり、感慨深いものがあります。

 国民投票法が整備されていなかった点については、当時から多くの人が「国会の怠慢」だと指摘していましたが、率直に言って「まあ、なかなか簡単にはできないだろうなあ」と悲観していました。

 やはり一時期、記者としてかかわっていた「昭和の日」も今年、施行されました。世の中の歩みは遅々としているようで、少しずつ確実に変化しているようです。

 安倍首相は2期目の任期内での憲法改正を目指しています。これは現時点では見通しは必ずしも明るくないのですが、実際にあと5年経ってみたらどうなっているか分かりませんね。

 憲法改正を口にするだけで「ウヨク」だと白眼視されたり、立場によっては更迭されたりしていた時代を考えると隔世の感がありますね。

 私を含め、日教組からいかに日本国憲法がすばらしいかというお題目をすり込まれ来た人々も、今はもう大部分が覚醒しているということでしょう。

 さて、本日の国会前には、国民投票法に反対する革マル派や中核派、全学連が集結していたことは前のエントリで書きました。

 で、私はいつものようにビラを受け取って読んでみたわけですが、相変わらず「日教組」に期待が寄せられています。

 左翼過激派からシンパシーを表明され、共闘を呼びかけられる教職員組合っていったい何なのでしょうか。


 ●まずは、中核派のビラから引用します。

 《(前略)安倍と与党はさらに5月14日にも、参院本会議で可決・成立させようとしている。自治労、日教組を始めとした労働者を先頭にして、激しい怒りを爆発させ、改憲投票法案粉砕、改憲阻止・日帝打倒に総決起しよう。》


 「日帝」って、私のパソコンでは一度に変換できません。何を打倒しようというのかよく分かりませんが、教育公務員が先頭なのだそうです。

 このビラは機関紙「前進」の宣伝版だそうで、本紙の方を紹介した「今週の紙面」の欄には、「日教組解体狙う教育4法改悪案」という見出しもありました。

 中核派は、よほど日教組と仲がいいのでしょうね。


 ●で、革マル派のビラをみると、次のようにありました。

 《(前略)教員が授業で憲法改悪の危険性を教えることを禁じることなどを狙った「公務員等、教育者の地位利用による国民投票運動の禁止」条項や、組合としてのビラを作成し配布することを禁じることを狙った「公務員の政治的行為の制限」条項--これらは、「最大の護憲勢力」と見なした自治労・日教組や自治労連・全教などの公務員労組による反対運動を「公の利益」の名の下に弾圧することを眼目としたものだ。》


 日教組・全教は革マル派からも高く評価されているようです。また、日教組とは関係ありませんが、


 ●全国労組交流センターのビラは、全学連の委員長のスピーチを紹介していました。

 《(前略)こんな法案に労働者が従う必要なんかないんだと、安倍にガンガン突きつけていくことが展望を切り開いていく。(中略)しかし我々は終わらせない。もっともっと追いつめて団結を拡大する。追いつめているのは私たちなんだということをはっきりさせてたたかおう。月曜日、本会議採決が狙われている。激しい怒りの声を国会に叩きつけることが決定的だ》


 …全学連は別に、労働者ではないでしょうに。それに、労働者は超法規的存在だとでも考えているのでしょうか。もっともっと追いつめているって、かなり妄想が入っているようです。

 こういうのを読むと、この人たちは通行人にビラを配っているけれども、本当は内部に向けて「やってます」というポーズをつけているだけなんだろうなと感じます。国会前に座り込んでいる教職労働者たちも同じですが。

 そんなことを思いながら国会議員会館をうろうろしていると、また彼らによる手紙、ファクス攻撃の跡を目の当たりにしました。

 全教は衆院議員に対する「学校教育法、教免法等および地教行法の教育関連3法案の廃案を求める要請」という文書で「この教育関連3法案は、憲法の原則にそむく」「いまでも過労死ラインぎりぎりで働いている教職員は、いっそう長時間・過密労働の状況に」と批判していました。

 また、桧山教職員組合は「憲法改悪の策動をやめ、改悪手続き法案の強行を行わないこと」「憲法原則に反して『教育破壊』をもたらす教育改悪三法案の強行を行わないこと」などを求めた決議文を送りつけていました。

 いや、まあ個々の教員が本当にこう信じているのならば、宗教と一緒でもう仕方ないと思いますが、こういう文書も、本気で受け取る側の心に響かせようとしているようには感じ取れないのです。なんか組合上部の方針とノルマに従ってやっているだけのような・・・。
[PR]
by sakura4987 | 2007-05-23 15:24

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987