★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆温暖化:北半球の森林、二酸化炭素吸収量は定説の半分 (毎日 07/6/22)



http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070622k0000m040141000c.html?¬ification_id=36813&message_id=36813

 北半球の森林での二酸化炭素(CO2)吸収量は定説のほぼ半分だったことが、日本を含む7カ国の研究チームの分析で分かった。

 地球温暖化防止ではCO2を吸収する地域を特定し、その環境を守ることが重要。

 北半球での目減り分は地球上の別の地域が吸収しているとみられ、研究チームは解明を急ぐ。22日付の米科学誌「サイエンス」に掲載された。

 研究チームは航空機で、仙台市やシベリアなど北半球10地点のCO2濃度を高度数キロまで測定。

 大気循環モデルに、測定データをあてはめ吸収量を計算し、従来考えられていた年間吸収量20億~35億トンの4~7割にとどまる15億トンだったことを突き止めた。
 従来は、地上付近に限定されたデータを使っていたため、専門家は大気全体の測定値を使って試算し直すべきだと指摘していた。

 チームの町田敏暢(としのぶ)・国立環境研究所室長(大気科学)は、

 「人間活動を原因とする排出量に比べ、森林や海洋の吸収量の見積もり精度は低かった。航空機観測を充実させて、重要な吸収源を特定し、その地域の環境を守っていくことが必要だ」と話す。
[PR]
by sakura4987 | 2007-06-30 08:35

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987