★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆従軍慰安婦決議案、米・外交委で可決 (TBS 07/6/27)



http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news3595569.html

 旧日本軍による、いわゆる従軍慰安婦問題で、アメリカ議会下院の外交委員会は、日本政府に正式の謝罪などを求める決議案を賛成39、反対2で可決しました。

 決議案はマイク・ホンダ議員が提出したもので、従軍慰安婦問題で日本政府が歴史的責任を認め、正式な謝罪を行うよう求めています。

 これに対し、日本政府は、1993年の河野官房長官談話などを通じて既に謝罪していると反論してきました。

 決議案には、25日までに下院全体の3分の1にあたる145人が共同提案者として名前を連ねていて、下院本会議でも可決する可能性が高まっています。


//////////////////////////////////////////////////////


◆従軍慰安婦問題、政府は「狭義の強制性」否定せず (読売 07/6/26)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070626ia01.htm

 塩崎官房長官は26日の閣議後の記者会見で、いわゆる従軍慰安婦問題について、「安倍首相が4月にブッシュ米大統領と米議会に話したことが、政府の考え方だ」と述べた。

 首相は就任後、慰安婦募集に際して官憲が自ら強制連行するという「狭義の強制性」を否定する見解を示していたが、塩崎長官の発言は、政府としてはこうした立場を取らないことを示したものだ。

 塩崎長官は記者会見で、「4月に申し上げたのが首相の個人の考え方でもある」と強調した。


//////////////////////////////////////////////////////


◆慰安婦発言で真意を説明 首相、米大統領に (産経 07/4/4)

 安倍晋三首相は3日夜、米国のブッシュ大統領と電話会談し、慰安婦問題で「官憲による強制連行の証拠はなかった」とした自らの発言が米メディアなどで批判されていることについて説明した。

 首相は「私の真意や発言が正しく報道されていない」と指摘した上で、

 「これまでの政府の立場(河野談話)を踏襲し、元慰安婦に心から同情するとともに、極めて苦しい状況におかれたことについておわびを表明している」と述べた。

 これに対し大統領は、「首相の率直な説明に感謝する。首相を信じているし、日本国民の元慰安婦に対する同情の気持ちを信じている」と応じた。

 また、大統領は4月下旬の首相の訪米を歓迎すると表明。両首脳は北朝鮮問題やイラク問題で引き続き協力していくことで一致した。
[PR]
by sakura4987 | 2007-06-30 08:40

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987