★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆慰安婦で釈明求める書簡 オランダでも批判噴出か (中日 07/6/29)



 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2007062901000147.html

 第2次大戦中の従軍慰安婦問題で、オランダ下院のフェルベート議長は28日、日本の国会議員らが、女性を慰安婦として強制的に動員した事実はなかったと反論する意見広告を米紙に掲載したことなどに関し、釈明を求める書簡を河野洋平衆院議長に送付した。

 下院報道官が共同通信に同日、明らかにした。

 日本側の対応次第では、米下院外交委員会が公式謝罪を求める決議を可決したのに続き、欧州有数の「親日国」であるオランダでも批判が噴出する可能性がある。

 日本占領下のインドネシアで慰安婦にされた国民がいるオランダでは、安倍晋三首相の3月の「(動員に)強制性を裏付けるものはなかった」との発言や意見広告を受け、バルケネンデ首相が「あまりにも不適切だ」と不快感を表明している。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆日本軍関与認めた初の首相 米紙、慰安婦絡め死去報道 (中日 07/6/29)

 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2007062901000530.html

 29日付の米紙ニューヨーク・タイムズは宮沢喜一元首相の死亡記事で、宮沢氏が第2次大戦中の従軍慰安婦問題をめぐり、旧日本軍の関与を認めた「最初の日本の首相だった」と伝えた。

 日本メディアの宮沢氏死去報道ではほとんど触れられていない視点。米下院外交委員会が26日、日本政府に慰安婦問題で公式謝罪するよう求める決議案を可決したことと併せ、米側の関心を示している。

 記事は、宮沢氏が1991-93年の首相在任中に「アジアの隣国との関係改善を推進」し「アジア女性を(日本の)兵士の性の奴隷として奉仕させることに日本軍が関与した」ことを認めたと指摘した。

 宮沢氏は92年の盧泰愚・韓国大統領(当時)との首脳会談で「朝鮮半島出身の慰安婦の募集や慰安所の経営に旧日本軍が何らかの形で関与していたことは否定できない」と述べ、公式に謝罪した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆従軍慰安婦:謝罪要求採決見送り求め、自民議員が米に声明 (毎日 07/6/30)

 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070630k0000m010054000c.html?¬ification_id=37261&message_id=37261

 自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬元文部科学相)は29日、党本部で総会を開き、米下院外交委員会が従軍慰安婦問題で対日謝罪要求決議案を可決したのを受け、ぺロシ下院議長らに本会議での採決見送りを求める声明を送ることを決めた。

 同問題を再調査する党内機関を置くよう中川昭一政調会長に要請することも確認した。

 中山氏は毎日新聞に「決議案には事実誤認がある。きちっと反論しないと日本が認めたことになる」と語った。

 一方、塩崎恭久官房長官は29日の記者会見で「政治家としての行動」と述べ、政府として関知しない考えを示した。
[PR]
by sakura4987 | 2007-06-30 08:48

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987