★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆韓国政府、南北首脳会談・終戦宣言を検討中 (朝鮮日報 07/7/10)



 http://www.chosunonline.com/article/20070710000008

 韓国政府と大統領府が今年後半に南北首脳会談の開催や韓国戦争(朝鮮戦争)終戦宣言など、韓半島(朝鮮半島)の安全保障秩序が大転換する可能性のある政策の推進を検討し始めたことが分かった。

 大統領府の千皓宣(チョン・ホソン)報道官は9日、「大統領府安保政策室では今後の南北関係を改善していくための様々な方法を検討しており、多くのチャネルを通じて意見を集めている」と明らかにした。

 千報道官は定例会見で、南北首脳会談の開催を内部で検討しているのかとの質問に対し、このように答えた。

 安保政策室関係者は「核問題の初期措置履行と無能力化のプロセスが順調に進むという前提で様々な検討を行っている。そこには南北首脳会談、4カ国首脳会談、終戦宣言、南北平和協定の問題などがすべて含まれている」と述べた。

 条件が満たされていないとして南北首脳会談の開催に否定的だった大統領府は、最近マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)問題が解決してからは、慎重に政策の方向転換を示唆してきたが、この日の発表はそれがかなり進展したと評価されている。

 これに対しイ・ヘチャン元首相は、9日付の京郷新聞に掲載されたインタビューで南北首脳会談の開催について、「突発的な問題がなければ今年中には可能だろう。大統領府が議題の準備に取り掛かっている」と語った。

 さらに5月には安保政策室が主導し、韓国国防研究院(KIDA)など安保関連研究機関が参加する非公開のセミナーが開かれ、今年8月15日の光復節で韓国政府が韓国戦争の終戦宣言を提案する問題などが話し合われるという。

 これに伴、9月末に予想される韓米首脳会談の前後には南北首脳会談、4カ国(または6カ国)首脳会談、終戦宣言と平和協定の締結など、韓半島の安保秩序が根本的に変わる可能性も排除できないものとみられる。
[PR]
by sakura4987 | 2007-07-14 10:34

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987