★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆長く険しいF22への道のり (日経 07/8/13)



 http://www.nikkei.co.jp/seiji/20070804e3s0302p04.html


 政府が来年夏に予定していた次期主力戦闘機(FX)の機種選定がずれ込む見通しとなった。航空自衛隊が「のどから手が出ている」(田母神俊雄航空幕僚長)ほど欲しいF22Aラプターは米国の国防歳出法で輸出が禁じられている。7月に守屋武昌防衛次官が訪米し、禁輸解除を希望したが、米下院歳出委員会の結論は禁輸継続だった。防衛省は更新期を迎える旧型のF4ファントムを引き続き使用してしのぎ、あくまでF22の導入を目指す構えだ。 



 米国が日本への供与を渋る最大の理由は、自衛隊の情報管理体制に懸念を抱いているからだ。海上自衛隊員がイージス艦の機密情報を自宅に持ち帰っていたことが判明。その過程で、隊員同士が重要情報を無防備にコピーして広く流布していたなどの事実が明らかになった。F22はレーダーに映りにくいステルス性を備えた最新鋭機。この情報が漏れれば、米軍の優位性はかなり損なわれるのは確実で、米政府がためらうのも無理からぬところだ。 



 日本が「世界最強」の空中戦能力を持つことを中国や韓国は望んでおらず、北朝鮮を巡る6カ国協議が中国主導で融和的な方向で進んでいる折に緊張を高めるようなことをしたくないとの思惑も米側にあるようだ。 



 日本は2005―09年度中期防衛力整備計画(中期防)の期間中、F4の後継機の最初の7機を導入する方針だ。09年度予算に必要経費を計上するには08年夏が機種選定のタイムリミットのはずだった。 



 防衛省によると、候補機種は(1)F22(2)F4ともども自衛隊が使用中のF15の改良型のF15FXストライクイーグル(3)米海軍が採用したFA18スーパーホーネット(4)欧州4カ国で共同開発したユーロファイター・タイフーン(5)米英などが共同開発中の新型ステルス機F35ライトニング2(6)フランス製のラファール――の6機種だ。 



 軍事専門家に聞くと、猛きん類を意味するラプターの愛称を持つF22の戦闘能力は抜きんでている。F155機を同時に相手にできるとされ、田母神空幕長は「相手は目隠しして戦闘するようなものだ」と例える。 



 2月中旬から約3カ月間、沖縄県の米軍嘉手納基地に暫定配備され、航空自衛隊と共同訓練を実施。5月に暫定配備を終えて基地を飛び立った際、現地では「本当に飛び立ったのか?」との冗談話が出たほど、レーダーには映らなかったという。 



 もう1つはマッハ1.7とも言われる超音速巡航能力だ。長時間超音速飛行し、高い高度まで上昇できる能力があれば、日本領空に侵入する他国戦闘機の「先制発見・先制攻撃」の可能性が飛躍的に高まる。空自関係者は「専守防衛の日本には必須だ」と主張する。 



 日本がF22を有力候補に据える理由ははその高い戦闘能力だけではない。その裏打ちとなる高い技術を習得したいという打算もある。現在空自が持つF15の大部分は三菱重工業がライセンス生産したもの。日本の防衛産業界で「ライセンス生産も出来なければ、修理整備も出来ない主力戦闘機なんて導入の意味がない」との不満が漏れるのは、高い技術を習得したい熱意の裏返しといえる。防衛省としても高度な技術習得が日本の防衛技術の向上につながり、ひいては日本の防衛力強化につながると判断、業界の意を体した格好を取りつつ、米国との折衝に臨んでいる。 



 だが、日本政府関係者によると、米航空機産業界は日本へのF22輸出解禁に強い警戒感を抱いているという。トヨタ自動車が今年上半期の自動車販売で世界一になったのと同じように「航空機産業も日本に席巻されるのではないかとの恐れ」が情報提供の障害のひとつとなっている。 



 守屋氏の7月の訪米は、F22取得への意欲をにじませる旅でもあった。北朝鮮の脅威や中国の軍事力増強など、北東アジア地域の不安定さを強調しながら、F22に関する情報提供を要求。「FXに関し幅広く情報提供してもらうことが、日米の同盟関係の信頼性維持にとって非常に大事だ」と強調し、「日米同盟維持」をテコに交渉を進める姿勢を鮮明に打ち出した。 



 ただ、守屋氏をはじめ、日本が地域の不安定さを強調すればするほど、周辺諸国は敏感に反応する。韓国の金章洙(キム・チャンス)国防相は5月、訪韓中の山崎拓・自民党前副総裁らとの会談で「何のために導入するか明確にしてほしい」と懸念を表明した。米議会調査局も「韓国や中国を巻き込んだ軍拡競争を引き起こし、地域の不安定化を招きかねない」との内容を盛り込んだ報告書をまとめている。中国や北朝鮮も警戒感を隠さない。今回の米下院の禁輸継続の裏では、ブッシュ政権内の親中派が積極的に動いたともいわれている。 



 こうした動きに対し、田母神空幕長は「周辺国も航空機の性能を逐次上げてきている。今後も質的優位が保てるように努力しなければならない」と強調。「戦争の抑止には相手にこちらが強いと思わせることが大事だ。彼らの言ったとおりにしては日本の国益は守れない」と断言する。 



 就任間もない小池百合子防衛相は訪米に強い意欲を示し、「臨時国会の合間を縫ってでも行きたい」と周辺に漏らしている。仮に訪米が実現すれば、当然、FXの情報提供をゲーツ米国防長官に求めることになる。政府が選定期限を先延ばししてまで情報取得を目指すF22に、アジア各国の厳しい視線がそそがれていることも、政府にとってハードルとなることは間違いない。
[PR]
by sakura4987 | 2007-08-14 12:54

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987