★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「設置考えていない」政府答弁書に波紋 アイヌ民族の権利審議機関



 (北海道 07/10/7)

 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/53618.html


 政府が五日、アイヌ民族にかかわる審議機関設置を考えていないとする答弁書を提出したことに、波紋が広がっている。道ウタリ協会は「政府は、アイヌを先住民族と認めた上での審議機関は考えないと言っているのではないか。道も道議会も、認知問題を含め、アイヌ民族の地位全般について議論する場を設けてほしいと要望している」(加藤忠理事長)と、あらためて政府に対応を求めた。



 道ウタリ協会の見方によれば、政府が答弁書で設置を考えていないとした審議機関は、アイヌ民族を先住民族と認定した上でのもの。しかし、高橋はるみ知事と道議会が政府に要請しようとしているのは、「国連宣言におけるアイヌ民族の位置づけや(宣言に)盛り込まれた権利を審議する機関」で、より間口が広い議論の場だとしている。



 加藤理事長は「アイヌ民族をめぐる課題を検討する場がほしいと要望しているだけだ」と話す。同協会を支援する非政府組織(NGO)「市民外交センター」代表の上村英明恵泉女学園大教授(東京、国際人権論)は「政府は協会が二十年間一貫して、国連でアイヌは先住民族だと主張してきたのに定義がないというばかりで反論できないできた。こんな姿勢は世界に通用しない」と批判している。
[PR]
by sakura4987 | 2007-10-10 13:52

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987